FANDOM


タヌキペディアの移転に伴い、この記事はこちらに移動しました

22世紀における吸血鬼ウイルス感染事件(Miraheze Tanukipediaの記事)

自動的には移動しませんので、上記のリンクをクリックして移動してください。


22世紀における吸血鬼ウイルス感染事件(にじゅうにせいきにおけるきゅうけつきういるすかんせんじけん)とは、「ドラえもん」のアニメ作品『22世紀の大決戦!ドラえもんvs.ドラキュラ』[1]に登場する架空の事件。別名、ドラキュラウイルス事件

概要

22世紀において、ロボットが感染すると目が赤くなりドラキュラのようになるというコンピューターウイルスが蔓延した。このウイルスは、感染したロボットが他のロボットに噛み付くことにより爆発的に感染が広がった。コンピューターウイルスなので、人間や動物には当然感染しない

このウイルスに感染したロボットは、ニンニクではなくメロンパンを恐れるようになる。また、ある特殊な音波で誤作動するような設計になっている。

解決

後に「特殊な音波」はジャイアンの歌の周波数と同じだったことが判明した。そのため、気晴らしに歌ったジャイアンの歌がきっかけでこの事件は解決を見せることとなった。

再発防止対策

今後、同様の事件が発生しないようにするための対策が取られているかどうかは不明である。

脚注

  1. 実際には、このアニメは2008年5月9日の前編、2008年5月16日の後編に分けて放送された。

関連項目