FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

駒寝地駅
こまねち - Komanechi
所在地 生方府井巻市駒寝地町
所属事業者 中城栄旅客鉄道(JR中城栄)
生滝電鉄
駒寝地駅」は、実在しない架空の駅です。
実在の駅名・人物・団体とは一切無関係です。

駒寝地駅(こまねちえき)は、生方府井巻市にある中城栄旅客鉄道(JR中城栄)および生滝電鉄の駅。

利用可能な鉄道路線

概要

井巻市の北西部、駒寝地地区にある。かつてこの付近は、一片川の支流・瀬文川の氾濫原であった。

駅名の由来

諸説あるが、城栄国の古典には「当時の都・真木へと向かう道中、駒(=馬)が寝てしまった土地」記されている。

その後、宿場町となったことで、馬も寝る場所という意味に符合する「駒寝地」という地名が定着したとみられる。

駅構造

JR東陽本線(JR真木線)

JR 駒寝地駅
こまねち - Komanechi
井巻 (2.3km)
(4.2km) 渡瀬
所在地 生方府井巻市駒寝地町
所属事業者 中城栄旅客鉄道(JR中城栄)
所属路線 東陽本線(JR真木線)
キロ程 14.0km(生方起点)
駅構造 盛土高架駅
ホーム 2面2線、通過線4線
開業年月日 1xxx年x月x日

6線区間にある、中央の通過線4線の両外側に単式ホーム1面1線ずつ、合計2面2線を持つ盛土高架駅。

ホームの南端部分は瀬文川の上にある。

のりば

1 東陽本線(北行き) 鵜久森真木岸谷方面
6 東陽本線(南行き) 生方・一柳方面

※2~5番線は通過線。


生滝電鉄本線

生滝電鉄 駒寝地駅
こまねち - Komanechi
七江 (1.8km)
(2.9km) 東奥貫
所在地 生方府井巻市駒寝地町
駅番号 9
所属事業者 生滝電鉄
所属路線 本線
キロ程 13.6km(五十嵐起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1910年4月15日

2面2線の対向式ホームをもつ高架駅。JR東陽本線の高架を跨いでいる。

のりば

快速以下の優等列車が停車する。

1 本線(北西行き) 奥貫能瀬・椎山・滝本方面
2 本線(南行き) 対角横丁五十嵐(生方市内)・
国生電鉄一柳・国武方面

駅周辺

歴史

  • 1xxx年x月x日 - 開業。
  • 1910年4月15日 - 生滝電鉄が乗り入れ。

隣の駅

中城栄旅客鉄道(JR中城栄)
東陽本線(JR真木線)
特快
通過
快速
中林駅 - 駒寝地駅 - 鵜久森駅
■普通
井巻駅 - 駒寝地駅 - 渡瀬駅
生滝電鉄
本線
特急・急行
通過
快速・準急・■普通
七江駅 - 駒寝地駅 - 東奥貫駅

関連項目

外部リンク

東陽本線生方-真木:JR真木線)
一柳方面<<)生方 - 辺見 - 日沼 - 浅木 - 八百野 - 門倉 - 中林 - 木崎 - 井巻 - 駒寝地 - 渡瀬 - 黒原 - 瀬沼 - 鵜久森 - 北鵜久森 - 東倉 - 保瀬 - 南井村 - 井村 - 荒木田 - 平松 - 黒宮 - 双子山 - 生沼 - 一森 - 森永 - 北森永 - 井関 - 森実 - 香山 - 梅沢 - 名倉 - 真武 - 南荻原 - 荻原 - 谷本 - (貨)真木貨物ターミナル - 楽山 - 成松 - 真木(>>三代沢・三枝・岸谷方面


生滝電鉄本線
東樹山・国枝方面<<)五十嵐 - 宝徳 - 沙羅町 - 折重町 - 対角横丁 - 立石 - 成瀬 - 東井巻 - 七江 - 駒寝地 - 東奥貫 - 奥貫 - 細羽 - 竹内 - 戸上 - 能瀬 - 笹貫 - 曽原 - 竹口 - 毛阪 - 友滝 - 奥佐那口 - 楠瀬 - 小里 - 井倉橋 - 新千史 - 安島 - 北田中 - 柾木 - 串越 - 新椎山 - 椎山県庁口 - 井内 - 新木瀬 - 大桑 - 新伊住 - 持沢 - 組谷新町 - 織後須賀 - 長越 - 栩根 - 松尾 - 吉田 - 更紗 - 一青 - 川上 - 滝本

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki