FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

一般国道 自動車専用道路
芦沢新道
ASHIZAWA BY-PASS
Joei Route Sign Number 1
Joei National Route Sign Template
芦沢新道
国道1号バイパス 
総距離 ??.? km
開通年 1969年
起点 芦沢市曵地町
終点 芦沢市米下町
接続する
主な道路
記法
芦沢光井道路
国枝新道
Template(ノート)

芦沢新道(あしざわしんどう)は、住谷県芦沢市曵地町から同市米下町に至る国道1号のバイパス道路である。 芦沢市を縦断し、新山東岸道路 - 芦沢光井道路 - 芦沢新道 -国枝新道 - 生方高速道路と相互接続された星野・芦沢・柳生間臨海地域の一大バイパス群を形成する。

概要編集

  • 総延長 : ??.? km
  • 道路規格 : 第1種3級(自動車専用道路)
  • 車線数 : 4車線
  • 最高速度 : 70 km/h

開通した当初(1969年)は有料道路で、南栄生方間のメインルートとして機能していたが、日方高速道路の全線開通とともに無料化された。日方高速へのシフトも見られたが、通行料が無料で、無料化の後に当路線の延伸部として機能する新山東岸道路が開通したことから、交通量は減る兆しがない。

当該道路の位置関係 編集

新山東岸道路 - 芦沢光井道路 - 芦沢新道 - 国枝新道 - 生方高速2号一柳線

新山東岸道路から生方高速道路までの間は、道なりに進んで往来することが可能。

インターチェンジなど編集

  • 全施設が住谷県芦沢市内に所在。
  • 上側が北側(終点)、下側が南側(起点)。左側が北行き側、右側が南行き側。
施設名 接続路線名 南栄から
(km)
国枝新道 一柳方面
米下IC 国道1号 xx.x
朳田IC xx.x
曵地SA xx.x
芦沢IC xx.x
芦沢光井道路 星野方面

沿革編集

  • 1969年4月1日 - 供用開始。
  • 1980年3月1日 - 無料開放。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki