FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

この記事で言及する内容は、今後予定されている「描き直し」に伴う設定変更により、情報の一部または全部が変化する可能性があります。

この記事で言及する範囲には地図が未描画の領域または詳細な設定がまだされていない未確定部分があり、一部の情報については空欄または伏字になっています。
高速自動車国道
第二東陽自動車道
DAINI-TŌYŌ-EXPWY
第二東陽自動車道
総距離 ???.? km
制定年 19xx年
開通年 (部分開通)
起点 生方府峰岸市 
主な
経由都市
古瀬県折戸市
岩本県徳田市
終点 茶柱県夏川市 
接続する
主な道路
記法
記事参照
Template(ノート)

第二東陽自動車道だいにとうようじどうしゃどう)は、城栄国生方府峰岸市から茶柱県夏川市へ至る高速道路である。略称は第二東陽道(だいにとうようどう)や第二東陽(だいにとうよう)などである。なお、「第2東陽自動車道」と数字を使った表記は正式なものではない。

概要 編集

  • 起点 生方府峰岸市
  • 終点 茶柱県夏川市
  • 全長 ???.?km
  • 規格 第1種第3級
  • 車線数 4車線 (暫定2車線)
  • 設計速度 140km/h
  • 規制速度 70km/h

東陽自動車道の新道として計画された高速道路である。全区間で、東陽自動車道よりも西側の山間部を通る計画である。また、東陽自動車道とは異なり、古瀬県を通過する。

500km以上にも及ぶ長大路線だが、ごく僅かな距離しか開通していない。また、その僅かの区間も現在は生方外環自動車道の連絡道路として開通している。

インターチェンジなど 編集

  • 北から順に記す。
  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通区間の名称は仮称。
  • 各施設の位置は上り線と下り線で異なることがあるので留意のこと。
  • (数字)は、他路線の番号。<数字>は、予定番号。
  • 英略字は以下の項目を示す。
    IC:インターチェンジ、JCT:ジャンクション、SA:サービスエリア、PA:パーキングエリア
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
茶末外環自動車道に接続予定
?? 夏川JCT 未開通。 茶柱県 夏川市
?? 住吉IC   住吉市
?? 天狐JCT  
片山県岩本県奥井県を経由する。この間、IC名未定。
(地図未描画による未確定を含む)
PA 天林PA 古瀬県 折戸市
<10> 折戸IC  
PA 高灘PA
SA まき西山SA   真木県 武井郡江間町
<9> 江間JCT/IC 古瀬自動車道
<8> 原口IC/PA   武井郡原口町
PA 高繭PA  
7 岳間沢JCT 生方外環自動車道   暫定供用。 生方府 榑島郡岳間沢町
6 岳間沢IC      
<5> 五木谷IC   榑島郡五木谷町
SA 五木谷SA  
<4> 佐上IC   榑島郡佐上村
<3> 毛阪JCT 滝本自動車道   毛阪市
<2> 細原IC   細原市
<1> 峰岸IC   峰岸市
<(28)> 峰岸JCT 西采堂通 0.0  
第二日方高速道路に接続予定

主なトンネル 編集

山間部を通過する区間が長く、平行する東陽自動車道と比べてトンネルが多い。

歴史 編集

  • 2007年3月21日 - 岳間沢IC-岳間沢JCT間が(生方外環道の連絡道路として)開通。

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。