FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

生方急行電鉄
Ubukata Kyuko Railway
種類 株式会社
略称 方急、方急電鉄
本社所在地 生方府生方市中央区大場
設立 1910年4月1日
事業内容 陸運業
  
生方急行電鉄」は、実在しない架空の企業です。
実在の企業・人物等とは一切無関係です。

生方急行電鉄(うぶかたきゅうこうでんてつ)、通称方急(ほうきゅう)は、城栄国の鉄道会社。

概要

生方府を代表する都市鉄道会社で、府内の鉄道網を築き、周辺の県へも路線を延ばしている。

安久鉄道連盟に加盟しており、他社線との相互直通運転も盛んに行われている。

鉄道事業

路線の特色

真木線・鎧塚線・一柳線の3つの幹線と、それに付随する支線から構成されている。この点は日本の阪急電鉄に似ている。

全ての路線に関して、軌間・電化方式は、それぞれ1435mm・1500V架線方式である。一部の路線を除いて、比較的線形が良い。

現有路線

他社路線との直通運転

歴史

会社乱立時代

  • 1910年4月1日 - 鎧塚電鉄本線(現在の方急鎧塚線)・末成線が開通。
  • 1919年3月8日 - 多江川電鉄本線(現在の方急更紗線)の辺見駅-多江駅が開通。
  • 1920年5月1日 - 多江川電鉄本線が永山駅まで延伸。鎧塚電鉄川添線が川添駅まで開通。
  • 1922年6月1日 - 真木電鉄真木線(現在の方急真木線)の古村駅-千崎駅が開通。
  • 1924年10月1日 - 真木電鉄真木線の千崎から照那駅まで延伸。
  • 1927年3月13日 - 鎧塚電鉄一柳線の大場駅-桜庭駅が開通。同時に、鎧塚電鉄から柳生急行電鉄に名称を変更。
  • 1927年7月1日 - 真木線を武井駅から分岐させる形で、西真木仮駅まで延伸。武井駅から照那方面は照那線となる。
  • 1931年6月29日 - 真木電鉄と多江川電鉄が合併し、生方真木電鉄になる。同時に、真木線が卅八駅まで延伸され、柳生急行電鉄と接続。卅八短絡線も同時開通し、一柳線との直通開始。

生方急行電鉄誕生以降

  • 1943年10月1日 - 生方真木電鉄と柳生急行電鉄が合併し、生方急行電鉄になる。
  • 1951年6月5日 - 川添線が曲川駅まで延伸。
  • 1958年5月3日 - 大場駅-卅八駅間の線路が増設され、2複線から3複線になる。
  • 1958年7月27日 - 多江川線の更紗新地駅(現在の木村駅)延伸に伴い、更紗線と改称。
  • 1964年5月16日 - 真木線が西真木仮駅塩谷町まで延伸。同時に西真木仮駅を廃止。
  • 1966年2月5日 - 更紗線が北更紗駅まで延伸。
  • 1967年4月1日 - 森尾線が森尾港駅まで延伸。
  • 1969年12月1日 - 更紗線と生方市営地下鉄司通線が直通運転開始。
  • 1981年3月1日 - 真木線名倉市駅付近の経路変更。朝吹-武井が照那線に所属変更。
  • 1981年7月10日 - 真木延伸線の塩谷町駅-正向寺駅が開通。森尾市駅の平面交差を廃止し、立体交差に。
  • 1987年8月1日 - 川添線が西曲川駅まで延伸。
  • 1999年8月7日 - 鎧塚線の横山駅が地下化。
  • 2002年3月24日 - 真木延伸線が勝又駅まで延伸。
  • 2005年9月1日 - 真木延伸線が方急鈬木駅(現在の鈬木区駅)まで延伸。
  • 2006年4月1日 - 真木延伸線が金高橋駅まで延伸。同時に三代沢線に改称。
  • 2007年8月1日 - 三代沢線が山岸まで延伸。
  • 2011年4月1日 - 三代沢線が若葉台駅まで延伸。

関連項目

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki