FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

采堂線(さいどうせん)は、生方府持丸市持丸駅から海保市海保新地駅を結ぶ、生方市営地下鉄の路線。

概要編集

生方市で初めて開通した地下鉄で、1932年に大場駅 - 中井駅が開業して以来、生方市の東西方向の大動脈である。西生方高速鉄道采堂線と相互直通運転を行い、郊外新興住宅地と、東陽新幹線中葉新幹線の乗換駅である新生方駅生方急行電鉄(方急)の起点駅の大場駅福陽電鉄生滝電鉄国生電鉄の起点駅の五十嵐駅を経由している。このように、安久地方の多くの私鉄と接続しているため、利用者が非常に多い。そのため朝夕のみならず昼間でも混雑する。

地下鉄であるにもかかわらず、地下を走る区間の方が短い。地下を走る区間は全体の33%のみであり、それ以外の区間では高架または堀割を走っている。もちろん踏切は1ヶ所も存在しない。

仙堂線と同様、生方市外の駅を起終点として持つ。

路線データ編集

  • 路線距離(営業キロ):持丸駅 - 海保新地駅間 40.3km
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:30駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線電化(直流750V第三軌条方式)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:110km/h
  • 車両基地:持田車両基地
  • ホーム最大編成両数:12両

沿線編集

生方市の主要な繁華街を結び、ほぼ生方市を東西方向に縦貫している。

持丸駅から分津駅の手前までの高架区間は西采堂通の中央部を走る。持丸市の中心市街地を抜けて多江川を渡ると生方市に入り別尼駅、そして沢尻駅方急真木線を跨ぐ。新生方駅は新幹線の高々架ホームの下にホームがある。

一片川を渡り、右へカーブして西采堂通と別れ、地下に入ると分津駅である。ここから北大日向駅までは地下区間で、采堂通の地下を走る。

采堂通が持田通へと名を変えた栗栖駅からは再び高架区間になり、菅野川を渡ると持田市へ入る。持田市以東では、終点の海保新地駅まで、多くの区間で堀割を走る。

運行形態編集

相互直通運転を行っている西高采堂線と一体的なダイヤになっている。

急行
終日運行される。運行系統は、西高線に直通する 門夏駅-海保新地駅間のみ。
■普通
各駅に停車する種別で、終日運行される。運行系統は、門夏駅-海保新地駅間(大運転)、小雪駅-持田駅間(中運転)、および 沢尻駅-蓼丸駅間(小運転)の3系統である。

車両編集

自局車両編集

乗り入れ車両編集

歴史編集

  • 1932年5月14日 - 大場-中井間が開通。
  • 1934年9月29日 - 中井から五十嵐まで延伸。
  • 1937年8月14日 - 五十嵐から永作まで延伸。
  • 1938年1月15日 - 永作から宇津木まで延伸。
  • 1950年7月1日 - 宇津木から北大日向まで延伸。
  • 1962年3月1日 - 北大日向から森若まで延伸。
  • 1963年8月2日 - 守沖線が延伸され、中井駅が乗換駅となる。
  • 1963年8月31日 - 大場から沢尻まで延伸。
  • 1965年12月4日 - 森若から広瀬町まで延伸。
  • 1967年3月25日 - 広瀬町から持田まで延伸。
  • 1968年5月4日 - 仙堂線が延伸され、東大場駅が乗換駅となる。
  • 1969年12月1日 - 司通線が延伸され、蓼丸駅が乗換駅となる。
  • 1970年2月24日 - 沢尻から持丸まで延伸、西生方高速鉄道と相互直通運転を開始。同時に急行列車が設定される。また、五十嵐・永作・大豆生田・森若・広瀬町の5駅が拡幅され、待避可能駅となる。
  • 1975年1月11日 - 持田から持田製菓前まで延伸。
  • 1978年3月24日 - 持田製菓前から下島香料前まで延伸。
  • 1979年10月11日 - 下島香料前から海保新地まで延伸。
  • 1992年5月9日 - 深水線が開業し、森若駅が乗換駅となる。
  • 2012年5月19日 - 西生方高速鉄道采堂線の延伸に伴い、相互直通区間が門夏駅まで延長される。また、馬渡筋線が開業し、鬲町駅が乗換駅となることに伴い、鬲町駅が待避可能駅となり、同時に急行停車駅となる。

駅一覧編集

  • 全駅生方府に所在。
  • 駅番号順に記述。
凡例
●:停車、|:通過
線路:
||:複線
(||):待避線を備えた駅
ⴷⴷ:これより下は複々線、上は複線
||||:複々線
ⴸⴸ:これより上は複々線、下は複線
駅番号 駅名 駅間キロ 距離標キロ 急行 普通 接続路線 線路 位置 所在地
SD21 持丸駅 - 0.0 西高采堂線(直通運転) (||) 高架 持丸市
SD22 別尼駅 1.9 1.9   || 生方市矢井田区
SD23 沢尻駅 1.5 3.4 生方急行電鉄(方急):真木線 ⴷⴷ
SD24 新生方駅 2.3 5.7 中城栄旅客鉄道(JR中城栄):東陽新幹線中葉新幹線滝本本線 ⴸⴸ 生方市中央区
SD25 分津駅 1.0 6.7   || 地下
SD26 大場駅 0.8 7.5 生方市営地下鉄:仙堂線双川線南大場駅
中城栄旅客鉄道(JR中城栄):中葉本線東陽本線(JR真木線)・滝本本線生方環状線
生方急行電鉄(方急):真木線鎧塚線一柳線
||
SD27 東大場駅 1.0 8.3 生方市営地下鉄:仙堂線 ||
SD28 鬲町駅 0.7 9.0 生方市営地下鉄:馬渡筋線 || 生方市中井区
SD29 宝町駅 1.0 10.0   ||
SD30 中井駅 1.0 11.0 生方市営地下鉄:守沖線 ||
SD31 道休駅 0.8 11.8   || 生方市五十嵐区
SD32 五十嵐駅 0.7 12.5 福陽電鉄本線
生滝電鉄本線
国生電鉄本線
(||)
SD33 小塚橋駅 0.9 13.4   ||
SD34 永作駅 0.9 14.3 中城栄旅客鉄道(JR中城栄):生方環状線 (||) 生方市蓼丸区
SD35 宇津木駅 1.3 15.6   ||
SD36 蓼丸駅 0.9 16.5 生方市営地下鉄:司通線 (||)
SD37 北大日向駅 1.5 18.0   || 生方市大日向区
SD38 栗栖駅 1.2 19.2   || 高架または堀割
SD39 大豆生田駅 1.3 20.5   (||)
SD40 御厨橋駅 1.0 21.5   ||
SD41 森若駅 1.6 23.1 生方市営地下鉄:深水線 (||) 生方市森若区
SD42 石本町駅 1.3 24.5   ||
SD43 広瀬町駅 1.4 25.9   (||)
SD44 錦織駅 2.2 28.1   || 持田市
SD45 持田駅 1.8 29.9 中城栄旅客鉄道(JR中城栄):弓木本線 ⴷⴷ
持田第一信号所 0.5 30.4   ||||
持田第二信号所 0.8 31.2   ⴸⴸ
SD46 持田製菓前駅 0.7 31.9 福陽電鉄:持田線 ||
SD47 鴨町駅 1.8 33.7   ||
SD48 下島香料前駅 1.8 35.5   ||
SD49 高垣駅 2.5 38.0   (||) 海保市
SD50 海保新地駅 2.3 40.3   ||

関連項目編集

生方市営地下鉄の路線
采堂線(SD) - 司通線(TD) - 双川線(FK) - 守沖線(MO) - 仙堂線(SE) - 深水線(FM) - 光富線(MT) - 武川線(TK) - 馬渡筋線(MW)
系列路線・乗り入れ路線 西高采堂線(SD) - 方急更紗線 - 方急真木線 - 福陽電鉄本線 - 福電空港線 - 北高守沖線(MO) - 西高小柳線 - 北高米谷線(FM) - 北高能丘線(NK) - 西高更丘線(SK)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki