FANDOM



この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

琥珀川
水系 1級水系 一片川
種別 1級河川
延長 -.- km
水源の標高 -.- m
平均流量 ?.? /s
流域 生方府古田市持丸市清岡市生方市卅八区光富区柳原市

琥珀川(こはくがわ)は、城栄国生方府古田市持丸市清岡市生方市卅八区光富区柳原市を流れる、一片川水系の川。

地理編集

更紗丘陵が源流で、付近の小河川の水を集め、持丸市の西部を貫流し、清岡市生方市の市境を経て柳原川へ合流する。

持丸市西部の西采堂通交点付近の琥珀川地区および琥珀川駅はこの川の名前に由来する。しかし、皮肉なことにこの地区の琥珀川は、2000年頃から一部がマンション建設のために埋め立てられて流路が変更されたり、暗渠化されたりしている場所もある。

その後、2010年4月、バイパス道路である琥珀川新道の北区間が開通し、以前以上に暗渠区間が増加し、田園地帯を流れる琥珀川の姿は過去のものとなった。

現在はほとんどの区間が護岸工事され、かつての趣を失っている。川沿いはほとんどが開発されて保水力を失っている。そのため雨天時には水位が急激に上昇することがある。

今後、琥珀川新道は南区間(琥珀川駅~清岡駅)が着工され、田園風景は全滅すると見られる。

関連項目編集

  • 多江川 - 更紗丘陵中央部を貫流し、一片川に合流する川。
  • 高川 - 大阪府に実在する川。この川のモデルと考えられる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki