FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

この記事で言及する範囲は、今後予定されている「描き直し」に伴う設定変更により、情報の一部または全部が変化する可能性があります。

狐狸電鉄
Koridentetsu
種類 株式会社
本社所在地 茶柱県茶柱市中央区小野
設立 1919年7月1日
事業内容 陸運業
  
狐狸電鉄」は、実在しない架空の企業です。
実在の企業・人物等とは一切無関係です。

狐狸電鉄(こりでんてつ、英: Koridentetsu、IPA:koɾidenteʦ[1])は、城栄国 茶柱県の鉄道会社。略称で狐狸電(こりでん)、狐狸(こり)とも。

概要

茶柱県を代表する都市鉄道会社で、県内の鉄道網を築いている。

鉄道事業

路線の特色

多くの路線が短く、茶柱市の市街地を通っており、都市地下鉄としての役割が強い。その一方で、南北線茶柱新線のような長距離路線も保有しており、都市間鉄道や、貨物線としての役割も果たしている。

なお、ほぼ全線が高架または地下で、踏切は1箇所もない。また、地下区間が多いため、ほぼ全線で第三軌条方式を採用している。軌間は1475mm(世界標準軌)。他社路線への乗り入れ区間は、いずれも第三軌条方式と架線方式の両方に対応し、なおかつ軌間が1067mmと1475mmの車両がどちらも運行できる四線軌の線路に改築されているため、軌間可変列車(FGT)は保有していない。

現有路線

狐狸電鉄の路線一覧を参照

他社路線との直通運転

鉄道以外の事業

他の鉄道会社と同様に、不動産事業を行っている。

また、タヌキランドは狐狸電鉄の子会社である。

歴史

  • 1919年7月1日 - 狐狸ヶ原鉄道として最初の区間が開通。当初は都市鉄道ではなく、農村鉄道的だった。
  • 1924年 - 農村鉄道の建設が盛んになり、1930年頃まで続く。
  • 1930年 - 農村不況で建設中止。
  • 1945年 - 戦争、「茶柱大空襲」で壊滅的な被害。戦後も多くの人々が泉川市に移り、茶柱市の人口は1万人を下回ってしまった。県議会は県庁機能を泉川市に移すことを検討した。
  • 1947年 - 復興を目指し狐狸鉄道発足。
  • 1959年 - 茶柱ニュータウン計画
  • 1980年 - 区画整理完了、地下鉄12路線の建設開始。
  • 1999年4月1日 - 狐狸第三軌条電鉄(略称は狐狸電鉄)に改称。多くの区間が地下化され、踏切が減った。
  • 2005年4月1日 - 旧・狐狸電鉄、茶柱地下鉄、茶柱周辺高速鉄道の3社統合により新・狐狸電鉄となる。
  • 2006年2月1日 - 茶柱外環鉄道の一部完成。
  • 2008年9月16日 - 南北線の仮線営業区間が本設線に移設され、狐狸電鉄全路線で踏切ゼロを達成。

脚注

  1. 城栄語における無声化規則のため、語尾の「つ」は無声化して、4音節の「koɾidenteʦ」という発音になる。

関連項目

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki