FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

泉星(いずみせい、Fountia)は、「想像地図・城栄」の舞台となっている架空の惑星。

想像地図世界にあって、泉太陽系の第3惑星である。泉太陽系は天の沢銀河の中心から2.5万光年のあたりにある。

概要編集

泉星」は、実在しない架空の惑星です。

環境面で非常に地球に似通っており、多数の生物が居住する。

諸元編集

  • 赤道一周 4.278121×107 m(地球の1.067538倍)
  • 子午線一周 4.276800×107 m(地球の1.068989倍)
  • 重力加速度 10.974 m/s2(地球の1.1190倍)
  • 地軸の傾き 27.92449°(地球は23.43°)
  • 太陽からの平均距離 1.6159×1011 m(1.0801天文単位)

公転周期・自転周期は地球のそれと(偶然であるが)全く同じである。言うまでも無い事だが、上述の「太陽」とは「泉太陽系の太陽(恒星)」の意味であり、地球がある太陽系の「太陽」とは異なる。

衛星編集

地球の月に似た衛星がある。

地理編集

地球と同じく、数多くの国から構成されている。以下ではその中でも代表的な国を列挙するが、これらが全てというわけではない。

名称について編集

泉星」という名称は地球人から見た名称であり、現地での呼び方は「泉球」である。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki