FANDOM



この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

この記事で言及する範囲は、今後予定されている「描き直し」に伴う設定変更により、情報の一部または全部が変化する可能性があります。

沼の底駅
駅舎
駅舎
ぬまのそこ - Numanosoko
(Swamp-Bottom)[1]
◄OL53 真依 (1.0km)
(1.6km) 水ヶ面 OL55►
所在地 茶柱県夏川市沼の底
駅番号 OL54 / NK14 [2]
所属事業者 夏川鉄道茶柱外環鉄道
所属路線 夏川鉄道本線茶柱外環鉄道外環線
キロ程 15.6km(木原駅起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1919年1月6日


沼の底駅(ぬまのそこえき)は、茶柱県夏川市沼の底にある、夏川鉄道本線および茶柱外環鉄道外環線の駅である。

概要 編集

駅名の「沼の底」は、かつてこの付近が湿地のような場所であったことに由来する。

当駅のすぐ西に沼の底車両基地があり、当駅止まりの普通列車も存在する。

駅構造 編集

島式ホーム2面4線を持つ高架駅。当駅の前後の区間は複々線になっている。

かつては単式ホーム1面1線の地上駅でホームも短く、「千と千尋の神隠し」に出てくる「沼の底駅」と瓜二つであったが、複々線高架化により近代的な駅に様変わりし、当時の面影は全くなくなっている。

のりば 編集

優等列車は準急のみが停車し、特急と急行は通過する。

1 夏川鉄道本線西行き・茶柱外環鉄道線外回り 玉井千秋方面
2 夏川鉄道本線西行き・茶柱外環鉄道線外回り 玉井・千秋方面
3 夏川鉄道本線東行き・茶柱外環鉄道線内回り 水原夏川木原方面
4 夏川鉄道本線東行き・茶柱外環鉄道線内回り 水原・夏川・木原方面

周辺編集

かつては平原の中に駅だけがある寂しい場所だったが、現在は住宅地になりつつある。

歴史編集

隣の駅編集

夏川鉄道本線・茶柱外環鉄道外環線
特急・急行
通過
準急・■普通
真依駅 - 沼の底駅 - 水ヶ面駅

脚注編集

  1. 「沼の底」を英訳した「Swamp-Bottom」という表記が駅名標に表示されている。
  2. 夏川鉄道本線・茶柱外環鉄道外環線の重複区間のため、番号を2つ持つ。

関連項目編集

外部リンク編集


夏川鉄道本線
片山・泉川方面<<)木原 - 西木原 - 坂尾 - 宮田 - 油井 - 花山 - 夏川 - 谷の原 - 立山 - 沼原 - 西沼原 - 水原 - 真依 - 沼の底 - 水ヶ面 - 中出 - 犬坂 - 山口 - 犬の玉 - 東大玉 - 玉井 - 猫の玉 - 玉東風 - 千秋(>>向山・茶柱市内方面

テンプレート:茶柱外環鉄道夏川線

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki