FANDOM


油屋(あぶらや、ゆや)は「千と千尋の神隠し」でパラレルワールドのトンネルの向こうに登場する湯治場。

概要編集

内部編集

見かけは古そうな建物だが、内部にはエレベーターなどの近代的な設備もある。しかしそのエレベーターもレバー式と古い。

最下層は海原電鉄と呼ばれる鉄道が通っている。その1段上の層はボイラー室で、釜爺がいる。少し高台に立っているので、これらの下層部位は地下に当たる。

1階から3階までは湯船がある温泉階で、上部には宴会場などがある。

上層は従業員の寝室で、さらにその上には湯婆婆の部屋がある。

外部編集

湯屋の最下層を出たすぐ近くには海原電鉄の駅がある。正面玄関の前には、海原電鉄の線路を跨ぐ木造橋があり、対岸には商店街がある。

関連項目編集


Stubico.svg この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください
画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki