FANDOM


タヌキペディアの移転に伴い、この記事はこちらに移動しました

椎山駅(Miraheze Tanukipediaの記事)

自動的には移動しませんので、上記のリンクをクリックして移動してください。


椎山駅
しいやま - Shiiyama
所在地 椎山県椎山市高町
所属事業者 中城栄旅客鉄道(JR中城栄)
駅構造 高架駅
ホーム 3面6線
開業年月日 1xxx年x月x日
乗入路線 2 路線
所属路線 滝本本線(JR椎山線)
キロ程 73.7km(生方起点)
瀬長 (1.4km)
(1.5km) 千史堀越
所属路線 古松線
キロ程 -3.3km(熊田起点)
◄ (km)
(1.4km) 瀬長►
椎山駅」は、実在しない架空の駅です。
実在の駅名・人物・団体とは一切無関係です。

椎山駅(しいやまえき)は、椎山県椎山市にある中城栄旅客鉄道(JR中城栄)の駅。

概要

椎山県の県庁所在地である椎山市の中心市街地にあって、椎山県および椎山市の中心駅である。

利用可能な鉄道路線

乗り入れている路線は、線路名称上は滝本本線のみである。しかし、古松線(線路名称上の起点は熊田駅)も、系統上は当駅を起点として運行され、系統上は2路線が乗り入れる駅となっている。

なお、滝本本線列車が走行する線路と、古松線列車が走行する線路は分離されているため、熊田-当駅間は実質的に並走する別路線という雰囲気である。

滝本本線は当駅以東が「JR椎山線」の愛称がつけられている区間である。

駅構造

島式ホーム3面6線のホームを持つ高架駅。1・4番線が主本線である。

トイレは水洗式。

2010年に完成した高架化工事により高架駅となったが、それ以前は地上駅だった。

古松線は当駅から熊田駅まで滝本本線と並走する。この内、当駅-瀬長駅間が滝本本線の複線と古松線の単線が並走する複々線、瀬長駅-熊田駅間が滝本本線の複線と古松線の単線が並走する3線(複単線)になっている。

のりば

1・2 滝本本線(西行き) 伊住滝本方面
3・4 滝本本線(東行き) 千史中里生方方面
5・6 古松線 古松方面

周辺

生滝電鉄新椎山駅とは1kmほど離れている。

沿革

  • 1xxx年x月x日 - 開業。
  • 1970年2月28日 - 滝本本線と古松線の分離点付近に熊田駅が開業したことにより、熊田駅-当駅間が両路線の二重戸籍区間となる。
  • 1987年4月1日 - 国鉄民営化により中城栄旅客鉄道(JR中城栄)が継承。同時に古松線の起点が当駅から熊田駅に変更され、二重戸籍区間を解消。線路名称上では滝本本線のみが乗り入れる駅となる。
  • 2010年6月10日 - 高架化。

隣の駅

中城栄旅客鉄道(JR中城栄)
滝本本線
特急
新生方駅 - 椎山駅 - 滝本駅
特快
千史駅 - 椎山駅 - 伊住駅
快速
千史駅 - 椎山駅
■普通
瀬長駅 - 椎山駅 - 千史堀越駅
古松線
椎山駅 - 瀬長駅

外部リンク

滝本本線
一柳方面真木方面真行寺方面<<)生方 - 新生方 - 矢井田 - 坂岡 - 古田 - 田中橋 - 諸星 - 中里 - 生方元木 - 澪竹 - 細原 - 引地 - 唐島 - 玉迫 - (大柳信号所) - 新伏尾 - 荻尾 - 千史土肥 - (岡村信号所) - 千史 - 千史田中 - 朝枝 - (古松方面<<)熊田 - (貨)椎山貨物ターミナル - 瀬長 - 椎山 - 千史堀越 - 木瀬 - 上島 - 千史杉山 - 田張 - 別包口 - 伊住(>>針谷方面) - 千史春野 - 秋帆 - 森野 - 梢重 - 織後村上 - 小明 - 織後青木 - 大楠 - 御酒田 - 深萱 - 滝本(>>直江方面横本方面


古松線
滝本方面<<)椎山 - 瀬長 - 熊田 - 戸田 - 千史相沢 - 高上 - 匹保 - 千史伏川 - 千史赤田 - 古松