FANDOM


架空世界創作における埼玉仮説(さいたまかせつ)とは、架空地図架空言語作者に占める埼玉県出身者の割合が有意に高いのではないかという仮説である。

概要編集

想像地図研究所によって、2015年頃から意識されるようになった仮説であり、2010年以降において活動を行っている架空地図作者や架空言語作者には、埼玉県出身者の割合が高いとされている。

また、出生地が埼玉県ではない場合も、少年期を埼玉県で過ごしたとか、埼玉県に所在する大学に進学したなど、何らかの形で埼玉県に縁がある場合が多いとされている。

2016年に行われた調査では、架空地図・架空言語作者34人のうち9人(26%)が埼玉県出身であった。日本の人口(1.25億人)に占める埼玉県の人口(715万人)の割合と比較して有意に高い[1]

ただし調査対象人数が少ないため、仮説が正しいかどうかの検証は今後も行われる必要があるだろう。

ちなみに、この仮説の提唱者である想像地図研究所自身は埼玉県出身ではない。

脚注編集

  1. 2群の母比率の差の検定

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。