FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図・城栄」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。詳細はここをご覧ください。

(※)たぬき Wikiは架空世界の情報を整理するためのウィキです。架空世界を造っている人なら、条件を満たせば誰でも記事を執筆できます(執筆可能な内容について詳しくはこちらをご覧ください)。

杉本市
すぎもとし
城栄国  
地方 安久地方
都道府県 福本県
団体コード
面積 'km²
総人口 163240
(2012年)
人口密度 '人/km²
隣接自治体 穂戸羽市若園市杉本郡稲地町
生方府平瀬市
市の木
市の花
杉本市役所
所在地 福本県
杉本市
電話番号
外部リンク
テンプレート:自治体座標/福本県
テンプレート(ノート)

杉本市(すぎもとし)は、福本県の南西部にある市。

地理

西側で生方府に接し、国道21号弓木自動車道弓木本線福陽電鉄本線といった、生方市-福本市間を結ぶ主要路線が通っており、福本県の西の玄関口的位置にある。

市域はほぼ全域が平坦で、水田が多い。

1980年代(旧・杉本町時代)までは水田ばかりの田舎町であったが、合併による杉本市発足、および近接する安久国際空港の開港によって、1990年代以降、急激に都市化が進んだ。そのため中心市街地は格子状である。

歴史

  • 1987年6月1日 - 杉本郡杉本町・栗科村・福田村の合併により誕生。
  • 1989年4月1日 - 中心市街地の杉本町駅[1]杉本市駅に改称、同時に高架化。

交通

鉄道

西杉本駅 - 杉本駅 - 向前上井駅
桃田駅 - 岸口駅 - 杉本市駅 - 栗科駅

道路

高速道路

国道

脚注

  1. 大阪市にある杉本町駅とは無関係である。

関連項目

外部リンク

テンプレート:福本県の自治体