FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

この記事で言及する範囲には地図が未描画の領域または詳細な設定がまだされていない未確定部分があり、一部の情報については空欄または伏字になっています。

方急照那線(ほうきゅうてるなせん)は、真木県朝吹市朝吹駅から照那市照那駅を結ぶ、生方急行電鉄(方急)の路線。

概要編集

朝吹駅から分岐する方急真木線の支線である。

路線データ編集

  • 路線距離(営業キロ):朝吹駅 - 照那駅間 17.1km
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:5駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線電化(直流1500V架線方式)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:110km/h
  • 車両基地:方急真木線と共用
  • ホーム最大編成両数:10両

運行形態編集

駅一覧編集

凡例
●:停車、|:通過
#:待避可能駅
普通:各駅に停車するため省略。
(注)この表は、北を上にするために起点を下にして書いている。
駅名 駅間キロ 営業キロ 特急 急行 準急 接続路線 所在地
照那駅 2.6 17.1   真木県 照那市
久木駅 2.2 13.5  
南照那駅 5.6 11.2  
武井駅# 5.6 5.6   朝吹市
朝吹駅 - 0 方急真木線(一部直通運転)

歴史編集

  • 1924年10月1日 - 真木電鉄真木線の一部として照那駅まで開業。
  • 1927年4月1日 - 真木線の経路計画を変更し、名倉市経由となる。これに伴い武井駅 - 照那駅を照那線に変更。
  • 1931年6月29日 - 会社統合により生方真木電鉄の路線となる。
  • 1943年10月1日 - 会社統合により生方急行電鉄の路線となる。
  • 1981年3月1日 - 方急真木線の曲線改良により、朝吹駅 - 武井駅を照那線に変更。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki