FANDOM


想像地図2028年問題(そうぞうちずにせんにじゅうはちねんもんだい)は、想像地図研究所によって制作されている架空地図作品『想像地図・城栄』の地図完成後に発生することが懸念されている問題である。

概要編集

想像地図・城栄』は2003年に制作が開始され、現在も制作途中であり、2028年の完成が目標とされている。

開始以来、想像地図の創作活動は9割以上の作業が主宰者のSirnoka(MACHO筋トレ)によって行われており、創作におけるノウハウや技術は全て主宰者の脳内のみに蓄積されているという状況が続いている。また、想像地図の創作は高度に体系化が進み、娯楽の哲学化なる現象も発生している。

こういう状況のため、(仮に)想像地図創作活動の後継者が現れた場合にノウハウを継承することが難しい、あるいは、芸術作品として後世に残すことが難しくなる、などといったことに陥る可能性が危惧されている。

問題への対策編集

ホームページでの地図の公開編集

これは既に行われていることであるが、作品である想像地図をホームページで公開することで、人々の目に触れる機会を増やすことが期待されてきた。

芸術作品として後世に残る可能性を高める効果は高いとみられるが、後継者の獲得やノウハウの継承には至っておらず、この観点からは充分な対策とは言えない。

創作情報の公開編集

たぬき Wikiに想像地図の細かな設定を公開する方法は、想像地図創作活動の後継者が現れた場合にノウハウを継承する難しさを緩和するために重要であろう。

書籍の出版編集

想像地図の完成後には、書籍として出版することが計画されている(想像地図出版計画)。日本国の法律の「国立国会図書館法」により、日本国内で発行された全ての出版物は国立国会図書館に納入することが義務づけられている。そのため、芸術作品として後世に残る可能性を高める効果は非常に高いと考えられる。

ただし、書籍出版は想像地図が完成し修正も全て完了した段階で行われる計画であるため[1]、2038年に行われる計画である。そのため、2028年問題への対処という点での効果は微妙である。

小説の執筆編集

想像地図世界を舞台とする小説を執筆することで、作品が人々の目に触れる機会を増やすことが期待される。

しかし、想像地図は緻密な設定を含むため、小説の設定が地図の設定に厳しい縛りをもたらしたり、あるいは矛盾が起きることは想像地図という体系にとっては致命的となる。そのため、小説の完成は想像地図の完成後が望ましく、2028年問題への対処という点での効果は微妙である。

コンテンツを充実させる編集

想像地図の本筋から派生したコンテンツを充実させることで、知名度の向上に役立つ可能性がある。広い意味では小説の執筆もこの項目に含まれる。

一方で、コンテンツを充実させる行為によってコンテンツ病という副作用が生じる可能性がある。

垰瀬内シリーズ(駅名替え歌)動画作成への参入編集

垰瀬内シリーズ(駅名替え歌)の動画を作り、公開することで、知名度の向上に役立つことが期待された。しかしながら、アクセス解析を見る限りでは、駅名替え歌を公開していることそれ自体が想像地図方面へのアクセス数の増加に直接結びついてはいないようである。

ただし、架空駅名を創作する上で必要な駅名研究に役立つという、2028年問題以外への効能は充分に観測されており、今後も駅名替え歌の制作は継続する。

想像地図研究所の法人化編集

想像地図研究所を法人化し、「法人格」を得ることで、知名度の向上や後継者の獲得に役立つ可能性がある。

ただし、法人化には時間や費用が必要で、それが原因で「本筋」である想像地図の描画がスムーズに進まなくなるのであればデメリットである。

規定の策定編集

想像地図研究所の運営方針と、想像地図の描画方針を明文化することで、想像地図という「もの」をより分かりやすくしたり、新規メンバーのスムーズな参入に役立つと期待された。この案に基づき、2016年6月29日に「想像地図研究所規定」と「想像地図創作規定」が施行された[2]。前者は、将来的に想像地図研究所が法人化された場合の定款とすることが想定されている。

脚注編集

  1. やりたいことリスト - 想像地図研究所
  2. 規定 - 想像地図研究所

関連項目編集

外部リンク編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。