FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

この記事で言及する内容は、今後予定されている「描き直し」に伴う設定変更により、情報の一部または全部が変化する可能性があります。

小森村ダム(こもりむらダム)とは、城栄国片山県みより市(旧・小森村)にかつて建設が計画されていたダム。

沿革編集

1950年代に片山市方面への水源確保・および電源開発のための多目的ダムとして計画された。小森線童知鉄橋もダム建設を考慮した構造になった。時代の変化や地元の反対により、ダム建設は一時白紙撤回された。

しかし、2000年代に入り、1950年代の計画よりも規模の大きなダムの建設計画が発表された。しかし、小森村は元々オオタカの生息地と推定され、地元住民だけでなく専門家たちも軒並み反対していたが、片山県は建設を決定した。その後、2007年小森村妖怪変化事件などのテロ行為が行われ、世間の注目を集めた。これがきっかけで多くの報道機関が現地取材し、小森村がオオタカの生息地であると確認されたため、2007年8月25日にダム計画は撤回された。

小森村妖怪変化事件編集

小森村妖怪変化事件
戦争:
年月日: 2007年8月11日
場所: 片山県小森郡小森村(現・みより市
結果: ダム建設計画撤回
交戦勢力
ダム建設現地調査団 森の虎
指揮官
戦力
15 20?
損害
車両35台玉突き炎上 不明

小森村妖怪変化事件は、2007年8月11日に、2005年頃から城栄国内でしばしば暴力的な「環境保護活動」を行っていた「森の虎」という環境保護団体が、ダム建設の妨害を目的として起こしたテロ事件である。

「森の虎」は、さまざまな「妖怪」の扮装をした状態で、13時頃にダム建設の現地調査団の数十人を襲撃した。このテロ事件は世間に衝撃を与える事件であったが、調査団が現地で発見されたオオタカを射殺しようとしていたことが判明し、世間ではむしろ賞賛する声が多かった。

しかし、村内を通る片山自動車道の本線でも破壊行為が行われたため、驚いたドライバーたちが急ブレーキをかけ、タンクローリーを含む35台が絡む玉突き・炎上する事故が発生したことが報道された。このことで、「森の虎」批判や誹謗中傷が強まり、小森村の山林に放火するものも現れた。8月14日の放火事件により山火事が発生し、JR小森線が運休する事態が発生した。

8月28日、小森村は周辺の小西町上村東小森村と合併し、みより市が発足したが、その後の混乱は2010年頃まで続き、混乱を防ぐ目的で小森線沿線には2011年1月まで警備員が常駐していた。

この事件がきっかけで、小森村がオオタカの生息地であると確認されたため、2007年8月25日にダム計画は撤回されたため、この結果だけを見れば環境保護団体の勝利といえなくもない。しかし、その後に発生した山林放火事件による環境攪乱は決して小さいとは言えず、ダムの建設が中止になる一方で、自然環境も悪化させてしまったという、いわば痛み分けという結末を迎えてしまったのである。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。