FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

小元萩屋駅
おもとはぎや - Omoto-Hagiya
所在地 岩本県小元市美元町萩屋
所属事業者 直州旅客鉄道(JR直州)
春瀬鉄道(春鉄)
JR直州 小元萩屋駅
おもとはぎや - Omoto-Hagiya
美元 (x.xkm)
(x.xkm) 吉竹
所在地 岩本県小元市美元町萩屋
所属事業者 直州旅客鉄道(JR直州)
所属路線 東陽本線
キロ程 xxx.xkm(生方起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
開業年月日 2012年3月13日
春鉄 小元萩屋駅
おもとはぎや - Omoto-Hagiya
春鉄美元 (3.2km)
(5.4km) 春鉄小元
所在地 岩本県小元市美元町萩屋
駅番号 4
所属事業者 春瀬鉄道(春鉄)
所属路線 本線
キロ程 15.5km(吹江起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1959年4月1日(信号所として開業)
備考 2012年3月13日に旅客駅へ昇格
小元萩屋駅」は、実在しない架空の駅です。
実在の駅名・人物・団体とは一切無関係です。

小元萩屋駅(おもとはぎやえき)は、岩本県小元市にある直州旅客鉄道(JR直州)および春瀬鉄道の駅。

利用可能な鉄道路線編集

駅構造編集

JR直州 東陽本線編集

島式ホーム2面4線を持つ地上駅。

美元駅周辺改良事業と同時に、春瀬鉄道との乗換駅を新設する目的で設置された。

のりば編集

1・2 東陽本線(北行き) 小元片山泉川方面
3・4 東陽本線(南行き) 岩本岸谷真木方面

春瀬鉄道本線編集

対向式ホーム2面2線を持つ地上駅。

1959年4月1日、当区間の春瀬鉄道本線が開通。単線区間の行き違いのための信号所として開設された。

後の2012年3月13日、JR東陽本線との乗換駅設置のために、この信号所を昇格させる形で当駅が開業した。同時に駅の前後の区間が複線化された。

のりば編集

1 本線(北行き) 小元春瀬方面
2 本線(南行き) 吹江方面

駅周辺編集

歴史編集

  • 1959年4月1日 - 当区間の春瀬鉄道本線開業と同時に行き違い信号所(萩屋信号所)として設置される。
  • 2012年3月13日 - JR直州としては新駅として開業、春瀬鉄道としては信号所から駅への改称という形で開業。

隣の駅編集

直州旅客鉄道(JR直州)
東陽本線
美元駅 - 小元萩屋駅 - 吉竹駅
春瀬鉄道(春鉄)
本線
春鉄美元駅 - 小元萩屋駅 - 春鉄小元駅

外部リンク編集

東陽本線唯川-春瀬
岸谷方面<<)唯川 - 苣野 - ((貨)岩本貨物ターミナル) - 権藤 - 小沢 - 岩本 - 向居 - 前室 - 坪倉 - 今井 - 倉木 - 川条 - 玉置 - 比岐植田 - 持田 - 田波 - 百鬼退 - 藁谷 - 夏目 - 脇坂 - (北脇坂信号所) - 保川 - 中沢 - (中岡信号所) - (中岡第二信号所) - 美元 - 小元萩屋 - (南小元信号所) - 吉竹 - 小元 - 束芋 - 次原 - 枉川 - 春瀬(>>片山方面


テンプレート:春瀬鉄道本線

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki