FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

この記事で言及する範囲には地図が未描画の領域または詳細な設定がまだされていない未確定部分があり、一部の情報については空欄または伏字になっています。

安久鉄道連盟(あんきゅうてつどうれんめい)は、安久鉄道連盟協定により設立された、城栄国安久地方における私鉄共同運営体である。

概要編集

安久地方における広域私鉄路線網を形成するために、各鉄道事業者の規格を統一して利便性を向上すること、また鉄道事業者が互いに連携することでJRに対抗することなどを目的とし、2000年に生方急行電鉄(方急)を中心に設立された。

規格の統一編集

共通のカードシステムを導入することを前提としており、2000年からは共通カードが、2004年からは共通ICカード「ANKA」が導入された。

また、なるべく改札統合協定に参加することが求められている。この協定に参加している鉄道事業者間では、改札を出ずに乗り換えができることが原則となる。

必ずしも相互直通運転を前提としていないため、相互直通運転をしない場合は軌間や車両規格の統一を求められることはない。

加盟事業者編集

50音順で記す。

改札統合協定に参加している事業者編集

(注)例外的に、五十嵐駅大場駅沢尻駅は改札口の位置の都合上、改札統合が実現されていない。

改札統合協定に参加していない事業者編集

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki