FANDOM


宇宙基準単位系(うちゅうきじゅんたんいけい、Cosmic standard Units)とは、MACHO筋トレによって提唱された単位系。

宇宙基準単位系は、プランク単位系の考え方を応用し、日常でも使いやすいように、基本的な物理定数10の冪乗 になるように定義している。

物理定数の定義編集

定数 記号 次元 この単位系
での定義
真空中の光速度 { c } \ L T-1 108
万有引力定数 { G } \ M-1L3T-2 10-11
ディラック定数
(換算プランク定数)
\hbar=\frac{h}{2 \pi}{h} \ プランク定数 ML2T-1 10-34
クーロン力定数  \frac{1}{4 \pi \epsilon_0} { \epsilon_0 } \ は真空中の誘電率 Q-2 M L3 T-2 1010
ボルツマン定数 { k } \ ML2T-2Θ-1 10-24

この単位系を使えば、変換定数が10の冪乗になるため計算の煩雑さをなくすことができる。

基本宇宙基準単位 編集

上述定義から、時間・長さ・質量・電荷・温度の5つの基本単位が定義される。

名称 次元 SI単位でのおよその値
時間 (T) 5.39121 × 10-2 s
長さ (L) 1.61624 × 10-1 m
質量 (M) 2.17645 × 100 kg
電荷 (Q) 1.8755459 × 100 C
温度 (Θ) 1.41679 × 100 K

その他の単位編集

現在でも、一部の単位は名称や定義が未決定である。詳細は外部リンクを参照。

外部リンク編集

宇宙基準単位系
基本5単位 - - - -
準基本単位
組立単位 葵毎端 -

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki