FANDOM


宇宙基準単位系(うちゅうきじゅんたんいけい、Cosmic standard Units)とは、MACHO筋トレによって提唱された単位系。

宇宙基準単位系は、プランク単位系の考え方を応用し、日常でも使いやすいように、基本的な物理定数10の冪乗 になるように定義している。

物理定数の定義

定数 記号 次元 SI単位での値 この単位系
での定義
真空中の光速度 $ { c } \ $ L T-1 2.99792458 × 108 108
万有引力定数 $ { G } \ $ M-1 L3 T-2 6.67259 × 10-11 10-11
ディラック定数
(換算プランク定数)
$ \hbar=\frac{h}{2 \pi} $ M L2 T-1 1.054571628 × 10-34 10-34
クーロン力定数 $ \frac{1}{4 \pi \epsilon_0} $ Q-2 M L3 T-2 8.9876 × 109 1010
ボルツマン定数 $ { k } \ $ M L2 T-2 Θ-1 1.3806504 × 10-23 10-24

$ {h} \ $プランク定数$ { \epsilon_0 } \ $は真空中の誘電率

この単位系を使えば、変換定数が10の冪乗になるため計算の煩雑さをなくすことができる。

基本宇宙基準単位

上述定義から、時間・長さ・質量・電荷・温度の5つの基本単位が定義される。

名称 次元 SI単位でのおよその値
時間 (T) 0.0539121 s
長さ (L) 0.161624 m
質量 (M) 2.17645 kg
電荷 (Q) 1.8755459 C
温度 (Θ) 1.41679 K

その他の単位

これ以外の単位もSI単位系と同様に組み立てると、SI単位の100倍程度におさまる。プランク単位系のように何千倍も何万倍も離れているわけではなく、提唱者曰く「地球以外の宇宙人にもおそらく使いやすい」であろう単位となる。

物質量の単位の定義は「12桝の炭素12の中に含まれる炭素原子の数」。光度は名称のみ決まっているが、定義は未定。

名称 次元 SI単位でのおよその値
物質量 181.22 mol
光度 (未定)
周波数 18.55097 Hz
葵/端 速度 2.99792458 m/s
葵/端2 加速度 55.614 m/s2
121.056 N
圧力 4635.3 Pa
仕事率 362.831 W
エネルギー 19.5633 J
桝/端 質量流量 40.3703 kg/s
3/端 体積流量 0.078314 m3/s
電流 34.789 A
電圧 (電位差) 10.4295 V
電気抵抗 0.299792458 Ω
電気伝導力 (コンダクタンス) 3.3356 S
静電容量 (キャパシタンス) 0.1798 F
逆容量 5.5614 F-1
磁束 0.56227 Wb
磁束密度 11.479 T
誘導子 (インダクタンス) 0.016160 H
弧度 平面角 1 rad
球面度 立体角 1 sr

現在でも、一部の単位は名称や定義が未決定である。詳細は外部リンクを参照。

関連項目

外部リンク

宇宙基準単位系
基本5単位 - - - -
準基本単位
組立単位 葵毎端 -