FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図・城栄」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。詳細はここをご覧ください。

(※)たぬき Wikiは架空世界の情報を整理するためのウィキです。架空世界を造っている人なら、条件を満たせば誰でも記事を執筆できます(執筆可能な内容について詳しくはこちらをご覧ください)。


奥貫市駅
おくぬきし - Okunuki-shi
溝田 (2.1km)
(1.6km) 末久
所在地 生方府奥貫市
駅番号 11
所属事業者 生方急行電鉄
所属路線 真木線
キロ程 16.8km
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1922年6月1日
乗換 東奥貫駅生滝電鉄本線
奥貫市駅」は、実在しない架空の駅です。
実在の駅名・人物・団体とは一切無関係です。

奥貫市駅(おくぬきしえき)は、生方府奥貫市にある生方急行電鉄真木線の駅。

当駅からの接続鉄道路線

駅構造

2面4線の島式ホームを持つ、待避可能な高架駅。塩谷町方に引上線があり、当駅で折り返す車両が主に利用する。

生滝電鉄本線東奥貫駅の直上にあり、連絡通路もあり容易に乗り換えできる。生滝電鉄との交差地点にある関係で開業時から高架駅であった。

トイレは水洗式。

のりば

全ての列車が停車する。

1・2 真木線(北行き) 千崎雛形・真木(塩谷町)・長沢市山岸方面
3・4 真木線(南行き) 武川古村・生方(大場)・一柳(樹山)方面

駅周辺

など

歴史

  • 1922年6月1日 - 真木電鉄真木線が千崎駅まで開業し、そのときの途中駅として開業。
  • 1931年6月29日 - 会社統合により生方真木電鉄の駅となる。
  • 1943年10月1日 - 会社統合により生方急行電鉄の駅となる。

隣の駅

生方急行電鉄(方急)
真木線
驚速
古村駅 - 奥貫市駅 - 雛形駅
特急
武川駅 - 奥貫市駅 - 漆原駅
急行・直通急行・快速・準急
武川駅 - 奥貫市駅 - 饒石駅
■普通
溝田駅 - 奥貫市駅 - 末久駅

外部リンク

方急真木線
大場 - 千屋 - 卅八 - (西野第二信号所) - 沢尻 - 蓮光寺 - 古村 - 平石 - 三つ塚 - 通谷 - (北通谷信号所) - 武川 - 溝田 - 奥貫市 - 末久 - 饒石 - 古戸 - 冴木 - 漆原 - 三田村 - 西倉 - 小堀 - 浮江 - 千崎 - 比良本 - 鞠根 - 新鍋 - 寺延 - 栗坊 - 雛形 - 黄川田 - 生川 - 細川 - 森永市 - 桝谷 - 六角町 - 小俣 - 天沢 - 朝吹 - 植草団地 - 田中池公園 - 名倉市 - 泡島池 - 友里 - 松郷 - 荻原市 - 早崎 - 末包 - 清座町 - 須知町 - 塩谷町(>>鈬木・長沢市方面