FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

多香津駅
多香津駅駅銘板
駅名標
たかつ - Takatsu
保智舟木 (3.3km)
(3.1km) 東多香津
所在地 早津県八木市多香津
所属事業者 南城栄旅客鉄道(JR南城栄)
所属路線 多香津線
キロ程 6.8km(細島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1901年3月23日
多香津駅」は、実在しない架空の駅です。
実在の駅名・人物・団体とは一切無関係です。

多香津駅(たかつえき)は、早津県八木市にある南城栄旅客鉄道(JR南城栄)多香津線の駅。

駅構造

複線区間にある、島式ホーム1面(西側の1・2番線)と対向式ホーム1面(東側の3番線)の合計2面3線のホームを持つ地上駅。

トイレは水洗式。

のりば

1 多香津線 春月方面
2 多香津線 予備ホーム
3 多香津線 細島・早津方面

周辺

八木市の新港湾地区のため、港湾関係の施設が多い。南栄湾横断道路(南栄湾うらしま海道)多香津SAとは2kmほど離れている。

駅名の由来

磯の香りの多い港という意味であるとされることが多いが、諸説ある。なお、「多香津」という地名は元来、南栄湾に面した現在の位置ではなく八木内湾沿岸西部(現在の多香津SAの南東側)の地名であった。春月半島の付け根付近全体が自治体としての多香津町となり、それにちなんで当駅が多香津駅と名付けられ、後の時代に多香津町が八木市の一部となると、「多香津」は当駅周辺のみを表す地名となった。結果としてこの地名は西へ3kmほど移動したことになる。

沿革

  • 1901年3月23日 - 多香津線の終着駅として開業。
  • 1914年2月7日 - 多香津線の東多香津延伸により途中駅となる。
  • 1987年4月1日 - 国鉄民営化により南城栄旅客鉄道(JR南城栄)に継承。

隣の駅

南城栄旅客鉄道
多香津線
保智舟木駅 - 多香津駅 - 東多香津駅

外部リンク

多香津線
早津方面<<)細島 - 保智舟木 - 多香津 - 東多香津 - 春月

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。