FANDOM


タヌキペディアの移転に伴い、この記事はこちらに移動しました

多奈崎市(Miraheze Tanukipediaの記事)

自動的には移動しませんので、上記のリンクをクリックして移動してください。


タヌキペディアの移転に伴い、この記事はこちらに移動しました

多奈崎市(Miraheze Tanukipediaの記事)

自動的には移動しませんので、上記のリンクをクリックして移動してください。


多奈崎市
たなざきし
日出国  
地方 東日地方
都道府県 大積県
団体コード
面積 514.4km²
総人口 448,151
(2015年)
人口密度 871.2人/km²
隣接自治体 有賀市岐北市

涼川市荏田岬町安葉町

市の木
市の花
多奈崎市役所
所在地 〒940-8533 大積県
多奈崎市二番町2番7号
電話番号
外部リンク
包括自治体区画図 多奈崎市
テンプレート:自治体座標/大積県
特記事項:
Flag of Tanazaki Otsumi

市旗
テンプレート(ノート)
多奈崎市」は、実在しない架空の都市です。
実在の都市・人物・団体とは一切無関係です。

多奈崎市(たなざきし)は、大積県の南部にある市で、同県の県庁所在都市で、中核市に指定されている。

概要

大積県の南部に位置する東日地方南部の重要都市で、政治・行政・商業の中心地である。東日地方の市としては酒島市に次ぐ2番目の人口を擁する。1996年には第一期の中核市に指定されており、周辺の自治体と共に多奈崎都市圏を形成。現在は東日新幹線が多奈崎以北で建設事業計画が行われており、市全体の活性化につながるという賛成の声がある一方、ストロー効果なども懸念されている。

2007年に隣接する五陵市比南町と対等合併し、新たな多奈崎市が発足した。

地理

市の西側・北側・東側はなだらかな宮岐高原の丘陵地帯が拡がる。南側には宮岐高原に囲まれるように多奈崎平野があり、多奈崎市の市街地が形成されている。

多奈崎平野の北部〜中央部にかけては、緩やかな起伏を含みつつも基本的に平坦な地形であり、北山台、中内、雪宮など住宅団地も多数存在する。平野の中央には逆S字状に宮岐川が流れ、その途中からは水害対策として開削された宮岐川放水路が南方に流れている。宮岐川、宮岐川放水路の2つの河川と多奈崎湾に囲まれた島状になった地域の北部に、多奈崎城の城下町から発達した中心市街地が広がっている。

行政

市長

主な国の機関等

  • 多奈崎地方裁判所(本町1-3)
  • 多奈崎簡易裁判所(本町1-3)
  • 多奈崎家庭裁判所(本町1-2)
  • 多奈崎地方気象台(城東台2-1)
  • 多奈崎地方法務局(大手町7-1・大手町合同庁舎内)
  • 多奈崎運輸支局
  • 多奈崎税務署(大手町7-1・大手町合同庁舎内)
  • ハローワーク多奈崎(城南1丁目2-1)

主な行政施設・公共施設

  • 大積県庁(大手町1-1)
  • 多奈崎市役所(二番町2-7)
  • 大積県警察本部(大手町6-1)
  • 多奈崎市消防局(大手町6-2)
  • 多奈崎市中央図書館(両替町5-5)
  • 大積県立博物館(城東1-3)
  • たなざき市立美術館(城東2-1)

経済

商業

多奈崎都市圏の中心都市であり、同圏が周辺に大型の都市を持たない(隣県の県庁所在地までの距離は初岡市が約120km、酒島市が約280km、長海市は約230km)閉鎖商圏であることから、特に県内では圧倒的な集客力を持つ。多奈崎市は東日地方で年間商品販売額が酒島市(荘賀県)・愛森市(愛森県)に次いで3位であり、特に愛森市との差は僅差で統計年によって順位が入れ替わる場合もある。

ただし近年ではモータリゼーションの影響で、多奈崎インター周辺や多奈崎南バイパス沿いなど郊外にロードサイド店舗や郊外型ショッピングセンターが台頭しており、中心市街地の百貨店が相次いで閉店するなど空洞化の傾向も見られる。また、南東日自動車道の開通やそれに伴う高速バスの運行開始を受け、初岡市へ買い物客が流出しているというデータもあり、商圏確保が喫緊の課題となっている。その一方、多奈崎駅周辺の再開発事業が本格的に始動して以降は都心回帰の動きがある、とする見方も一部ではある。

水然院・花月町・五船橋

多奈崎市、および大積県最大の繁華街がこの地区である。水然院・花月町地区には多奈崎市唯一の百貨店である珠屋百貨店や、雑貨店キューブスクエアなどが入居する多奈崎フロム、多くの路面店が軒を連ねる水然院通り・本通商店街が立地する。多奈崎駅からは2㎞程離れているが、路面電車や路線バスが整備されている。珠屋百貨店の南側には多奈崎バスセンターが併設されており、多くのバスはここを発着・経由する。

水然院に隣接する五船橋地区は、500を上回る飲食店が立地する大積県最大の歓楽街である。また五船橋地区や、隣接する弥生町地区には宮本百貨店多奈崎店(弥生町8-1)、多奈崎美濃屋(五船橋3-1)という2軒の百貨店が存在していたが、それぞれ1993年と2017年に閉店を迎えており、旧宮本百貨店跡地ではショッピングビル「サザンガーデン」が2006年より営業している。

多奈崎駅周辺

1991年、JR東日によって駅ビル「エアリ」が開業したのを皮切りに開発が始まった地区である。市役所出張所などの公共施設と同居するショッピングセンター「フィールド」も立地。2017年10月に終了する駅南口整備事業に合わせて「エアリ」の増床計画も存在するなど、商業地としての集積を徐々に強めているが、旧来の中心市街地である水然院地区との客の奪い合いが懸念されている。 駅周辺である三本松、長塚町一帯は、交通至便であることなどからオフィス街としても発展し、様々な企業の支店が立地している。一部企業は水然院地区から支店を駅前に移転した例もある。

上吉周辺

東日自動車道崎北道路が接続する多奈崎インターチェンジ付近の交通至便な地区で、2000年代から郊外型店舗の集積が見られている。2003年に開業したサティオモール多奈崎北を筆頭に、ホームセンター・家電量販店・ファミリーレストランなどが軒を連ねる。多奈崎駅や多奈崎バスセンターとは路線バスで結ばれている。

小売業

金融

多くの都市銀行や東日地方の地方銀行が支店を構える。

教育

高等学校

国公立高校

私立高校

ほか

大学

専修学校

など

交通

市内はバスが主力交通機関となっている。

鉄道

市の代表となる駅:多奈崎駅

道路

高速道路

東日自動車道
多奈崎西IC - 多奈崎IC

地域高規格道路

多奈崎涼川道路
多奈崎IC - 五陵IC

一般国道

県道

など

一般道路

メディア

テレビ・ラジオ

地上波テレビ放送
HHK多奈崎放送局
大積放送(BSS系列・略称ROB)
大積県テレビ放送網(日出テレビ系列・略称OTN)
大積文化テレビ(日出文化放送系列・略称OCT)
テレビ大積(テレビサクラ系列・略称TOB)
AMラジオ放送
HHK多奈崎ラジオ第一放送:963kHz(多奈崎局 出力5kW)
HHK多奈崎ラジオ第二放送:1143kHz(多奈崎局 出力5kW)
大積放送ラジオ:1098kHz(多奈崎局 出力5kW)
FMラジオ放送
エフエム多奈崎(愛称:RADIO-GROOVE)

観光

主な観光地

など

行事・イベント

毎年8月に多奈崎まつりが栄通を中心に行われ、1年を通して唯一市電が一部区間で運休になる。また城東公園では3月末に城東公園スプリングフェスティバル、8月には多奈崎花火大会が開催される。

名産品

など

スポーツ

多奈崎市出身の人物

ミュージシャン

  • 田子裕貴(ISLANDERS)
  • 遠藤恭一(同上)
  • 北村しおり(akaistep)
  • 奥澤ハルカ(同上)

など

関連項目

外部リンク