FANDOM


タヌキペディアの移転に伴い、この記事はこちらに移動しました

南日高速道路(Miraheze Tanukipediaの記事)

自動的には移動しませんので、上記のリンクをクリックして移動してください。


高速自動車国道
南日高速道路
NANNICHI-EXPWY
E1 南日高速道路
総距離 ???.? km
制定年 19xx年
開通年 1968-1980年
起点 南栄都小田切区 
主な
経由都市
糸川県沢田市
終点 熊崎県日下部市 
接続する
主な道路
記法
記事参照
Template(ノート)

南日高速道路(なんにちこうそくどうろ)は、南栄都小田切区南栄ICから熊崎県日下部市浅田区日下部JCTに至る高速道路である。

略称は南日高速(なんにちこうそく)および南日(なんにち)。国土開発幹線自動車道の法定路線名は日方高速道路と併せて中東自動車道(ちゅうとうじどうしゃどう)であり、この一部区間である。

概要

名称は、起終点の都市名の栄と下部からそれぞれ1文字ずつとったものである。日方高速道路第二南日高速道路第二日方高速道路とともに、南栄日下部生方の城栄3大都市圏を結ぶ城栄国の大動脈の一つである。

日下部JCTで日方と直結し、かつ車線変更・合流・分岐が不要な形での直通が可能な構造で、ICの番号やキロポストも南栄ICからの通しとなっているため、実質的には日方と合わせて一つの高速道路と見なして「南日方」(なんにっぽう)と呼ばれることもある。

路線はほぼ中葉街道に沿った海沿いの経路であり、ほぼ全区間で国道1号およびJR中葉新幹線中葉本線と平行する。

1964年から順次開通し、開通区間を順次北へ伸ばして1968年に全線開通した。その後は1980年に日方高速道路が全通し、城栄3大都市圏を結ぶ高速道路が全通した。

近年は、並行するバイパスとして第二南日高速道路が建設されており、一部区間で開通している。

接続高速道路

ICなど

  • 北から順に記す。
  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通区間の名称は仮称。
  • 各施設の位置は上り線と下り線で異なることがあるので留意のこと。
  • (数字)は、他路線の番号。<数字>は、予定番号。
  • 英略字は以下の項目を示す。
    IC:インターチェンジ、JCT:ジャンクション、SA:サービスエリア、PA:パーキングエリア
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
日方高速道路に接続
18 日下部JCT 満島自動車道日下部高速2号戸田線     熊崎県 日下部市浅田区
17 日下部IC      
PA 苑江PA     日下部市菅又区
16 菅又IC      
15 崎本IC       崎本市
PA 星井PA     浅茅市
14 浅茅IC      
13-3 能年IC       能年市
SA 大又峠SA    
13-2 宇沢仮分岐 第二南日高速道路 仮接続のJCT。
当JCT以南の開通により2012年4月28日廃止。
三端郡宇沢町
13-1
13
宇沢第一JCT
宇沢IC
宇沢連絡路  
PA 柳沼PA    
12 舞吉IC       美里郡舞吉村
PA 萩上PA    
11-1 舞吉若本JCT 第二南日高速道路  
SA 上原SA     国重県 保阪市
11 保阪IC      
10 増田IC       増田市
PA 寺岡PA      
9 国重IC       国重市
PA 萩原PA      
8-2 森合IC       森合市
8-1 森合宏岡JCT 仁科自動車道樋浦自動車道    
SA 山野井SA    
8 梅津IC     松友市
PA 脇本PA      
7 森末IC       糸川県 森末市
PA 由木PA      
6 楠本IC       楠本市
5-1 沢田草野西IC/JCT 首都圏中部外環自動車道 ICは開通済み、JCTは未開通。 沢田市草野区
SA 久吉SA     沢田市高樹区
5 沢田北IC      
<4-1> 沢田高樹南IC    
PA 竹野上PA      
4 沢田小野沢IC/JCT       沢田市小野沢区
PA 川本PA       沢田市川本区
3 桐谷IC       桐谷市
<2> 森田JCT 南栄外環自動車道 南栄都 森田区
1 南栄IC   0.0   小田切区
首都高速2号降旗線に接続

主なトンネル

歴史

  • 1964年7月25日 - 南栄IC-沢田北IC間開通。
  • 1965年3月10日 - 沢田北IC-日下部IC間開通により全線開通。

関連項目

外部リンク