FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図・城栄」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。詳細はここをご覧ください。

(※)たぬき Wikiは架空世界の情報を整理するためのウィキです。架空世界を造っている人なら、条件を満たせば誰でも記事を執筆できます(執筆可能な内容について詳しくはこちらをご覧ください)。


千史駅
ちふみ - Chifumi
千史土肥 (2.6km)
(4.7km) 千史田中
所在地 椎山県千史市千史町岡村
駅番号  Tm18 
所属事業者 中城栄旅客鉄道(JR中城栄)
所属路線 滝本本線(JR椎山線)
キロ程 58.0km(生方起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1xxx年x月x日
備考 1959年に千史町駅から改称。
千史駅」は、実在しない架空の駅です。
実在の駅名・人物・団体とは一切無関係です。

千史駅(ちふみえき)は、椎山県千史市にある中城栄旅客鉄道(JR中城栄)滝本本線(JR椎山線)の駅。

概要

千史市の市街地中心部にある。

生滝電鉄新千史駅は川を挟んだ対岸にあり、当駅からの乗り換えは推奨されない。

「旧国名だけの駅名」という比較的珍しい駅名である[1]

かつては、椎山県の旧国名としての「千史」の代表駅ではなく「千史郡千史町」の代表駅であることを強調するために千史町駅を名乗っていたが、1956年1月21日に市町村合併により当地が千史市となり、それから3年遅れの1959年3月14日に千史駅と改称された。

駅構造

島式ホーム2面4線をもつ、待避可能な地上駅。

トイレは水洗式。

のりば

1・2 滝本本線(西行き) 椎山滝本方面
3・4 滝本本線(東行き) 中里生方方面

周辺

歴史

隣の駅

中城栄旅客鉄道(JR中城栄)
滝本本線
特急
通過
特快・快速
細原駅 - 千史駅 - 椎山駅
■普通
千史土肥駅 - 千史駅 - 千史田中駅

脚注

  1. 日本において「旧国名だけの駅名」でなおかつ「その旧国名の領域内にあるもの」として「紀伊駅」が挙げられる。

外部リンク

滝本本線
一柳方面真木方面真行寺方面<<)生方 - 新生方 - 矢井田 - 坂岡 - 古田 - 田中橋 - 諸星 - 中里 - 生方元木 - 澪竹 - 細原 - 引地 - 唐島 - 玉迫 - (大柳信号所) - 新伏尾 - 荻尾 - 千史土肥 - (岡村信号所) - 千史 - 千史田中 - 朝枝 - (古松方面<<)熊田 - (貨)椎山貨物ターミナル - 瀬長 - 椎山 - 千史堀越 - 木瀬 - 上島 - 千史杉山 - 田張 - 別包口 - 伊住(>>針谷方面) - 千史春野 - 秋帆 - 森野 - 梢重 - 織後村上 - 小明 - 織後青木 - 大楠 - 御酒田 - 深萱 - 滝本(>>直江方面横本方面