FANDOM


この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。
詳細はここをご覧ください。

三桝新幹線
基本情報
城栄国
所在地 片山県三桝県
種類 高速鉄道(新幹線)
起点 片山駅
終点 三桝駅
駅数 17駅
開業 2008年7月12日
所有者 城栄高速道路保有・債務返済機構
城栄鉄道建設・運輸施設整備支援機構
運営者 陽島旅客鉄道(JR陽島)
路線諸元
路線距離 1xx.x km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 複線
電化方式 交流25,000 V・50 Hz
最大勾配
最小曲線半径 m
閉塞方式 自動閉塞式
最高速度 260 km/h
  

三桝新幹線(みますしんかんせん)は、片山県片山市片山駅三桝県三桝市三桝駅までを結ぶ陽島旅客鉄道(JR陽島)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。

概要編集

城栄国直州地方にある片山市三国地方にある三桝市を、江川島を介して結んでいる。

路線データ編集

  • 路線距離(営業キロ):
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:5駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線電化
  • 閉塞方式:車内信号式
  • 最高速度:260km/h
  • 車両基地:新幹線片山基地(片山県片山市)・新幹線砂羽基地(三桝県砂羽市
  • ホーム最大編成両数:16両

歴史編集

  • 2008年7月12日 - 片山-三桝間開業。

編集

駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 所在地
片山駅 - 0.0 直州旅客鉄道(JR直州):東陽新幹線東陽本線片山線小森線[* 1]
陽島旅客鉄道(JR陽島):三桝海峡線
片山市 片山県
奈緒駅 19.2 19.2 直州旅客鉄道(JR直州):奈緒線
陽島旅客鉄道(JR陽島):三桝海峡線
奈緒市
江州森川駅 17.8 37.0 陽島旅客鉄道(JR陽島):三桝海峡線
江州鉄道江州鉄道線
江川市
薮下江川駅 17.3 54.3 陽島旅客鉄道(JR陽島):三桝海峡線
江州鉄道:江州鉄道線
薮下市
三桝駅 24.0 78.3 陽島旅客鉄道(JR陽島):樫弥線 三桝市 三桝県
  1. 正式には蒼井駅が終点であるが、運行系統上は東陽本線の片山駅まで乗り入れる。

今後の動向編集

三桝県から岡地県小田島県方面へ延伸する構想がある。新幹線砂羽基地は三桝駅よりも先にあり、将来の延伸を考慮した構造になっている。ただし、今のところは建設予定は具体化していない。

並行在来線の扱い編集

片山県内の片山駅-仲間町駅間については、平行して走る在来線がJR陽島ではなくJR直州の管轄であるため「並行在来線」は存在しない。並行在来線とされる三桝海峡線仲間町駅-沢地駅間については、大部分の線路がJR陽島の所有ではなく[1]、他の鉄道事業者に線路使用料を払って線路を借りて運行する型式(第二種鉄道事業)となっているため[2]、経営分離の効能が薄いと判断され、経営分離されなかった。

このため並行在来線である三桝海峡線がJRの線路として存続しているが、三桝海峡線の運賃区分が「海峡線・空港線」(運賃計算キロ=営業キロ×2)であるのに対し、三桝新幹線は「幹線」(運賃計算キロ=営業キロ)であり、運賃計算区分が異なるため両者間で選択乗車はできない。

また、営業キロに関しても、三桝海峡線の実キロに基づいた独自の営業キロが与えられている[3]

脚注編集

  1. 仲間町駅-奈緒駅間・綿谷港-江州森川駅間・西松川信号所-新貴江駅間のみをJR陽島が保有。
  2. 奈緒駅-綿谷港駅間と新貴江駅-沢地駅間は城栄高速道路保有・債務返済機構が保有、江州森川駅-西松川信号所は江州鉄道が保有。
  3. 他の新幹線では、並行在来線がJRの線路として存続している場合は並行在来線の営業キロと同一になるように設定されている。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。