FANDOM


タヌキペディアの移転に伴い、この記事はこちらに移動しました

リパライン語(Miraheze Tanukipediaの記事)

自動的には移動しませんので、上記のリンクをクリックして移動してください。


リパライン語(-ご、Lineparine/Linaiparinais、有語:Adeenakku、理語とも)とはFAFS falira sashimiが2010年から作っている架空言語の総称である。架空世界においてはユエスレオネ連邦と共にハタ王国の一部、デュインなどで話されている自然言語である。


ファルファベット

CWCws99VAAAUJHn
リパライン語
Lineparine/Linaiparinais
Yecleone
ユエスレオネ連邦旗
発音 IPA: [linepa:ine/linepaʁine]
創案者 Fafs falira sashimi
創案時期 2010年(見方によって変わる)
設定と使用 ユエスレオネ連邦などの公用語
民族 主にリパラオネ系連邦人
使用者数 30数人
話者数の順位 ランク外
目的による分類
芸術言語・極小国家言語
標準語 フェーユ方言/共和国方言
方言 デュイン方言、アイレン方言、パイグ方言、ルテリス語など
表記体系 新/旧リパーシェ/ヴェフィス文字
参考言語による分類 アプリオリ言語
公的地位
公用語 ルテリス王国(ミクロネーション)
統制機関 ADLP/ルテリス王国
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 qla(申請中)
  


換字式暗号として小学生から中学生に入るまで使われていた暗号である。五十音順で文字が並べてありこれらの文字に 濁点、撥音、促音などに用意された記号を利用することで日本語からの変換をサポートしていた。後期にこれら文字一つ一つに音が付けられたが現在残っている資料で確認できる文は転記が"LoraihelloraiheSouvenlvz"の文一つのみでありこれがどのような意味でどのような文字配列かは現在変換されては居ない。2014年11月にファルファベット表が発見されたが"LoraihelloraiheSouvenlvz"は解読できなかった。これにより"LoraihelloraiheSouvenlvz"は先に作られたファルファベットだと思われ前期と後期があったと思われる(右画像は後期ファルファベット・リパライン語フォーマットで書かれた最後の授業の冒頭)

エタンセンス語

ファルファベットとリパライン語一代目の間にあったと思われる。広域のリパライン語に含まれる言語。その資料は消失し現在分っている単語は以下の通りである。

単語 意味        解析の元となった単語と語源の流れ
e 不明(呼格或いは強調) eo.ly<eo.li
mil 不明(主格一人称) mi.ly
nju 不明(後期否定後置詞) niv.ly<no.?
niu 不明(後期否定後置詞) 同上
oar 不明(~または) ol.ly
shurn 素晴らしい xonerm.ly<shone.li,xorlnem.ly<shone.li
own 1 own.li
kerint 老ける kertniar.li
ni 否定の後置詞 同上
-aer ~する者 同上
ev これは、それは 文献より
etancense エタンセンス 文献より
i 不明(一人称か) 文献より
-'t 不明(主格標識か) 文献より
celtem 不明(ceneの語源か) 文献より
let 不明(対格前置詞か) 文献より
voltekt 不明(人工言語か) 文献より
lkh 不明(lghu,liの語源か) 文献より
-'tf 不明(一人称語尾か) 文献より

一代目

公開は2011でありその時点の言語を一代目と名づけた。一代目の言語はSVO ANで主格・対格語尾辞を付けるの良い言語であった。方言としてはラネーメ方言とデーノ方言があった。旧リパーシェ文字はこの時期に作られた。発音では二代目以降の新理語とは違いc/k/、j/d͡ʒ/、z/z/、と発音され初期はrも/l/と同じだったとされる。人称代名詞は総合的であったが後期には格接尾辞と名詞が分離した。時制・相語尾の人称変化がありある程度複雑だったが後期になるとこれは文法動詞(後の助動詞)のedioll、wiollなどに取って代わられたと共につけなくても表現できるようになっていたと思われる。

二代目

一代目と違い初期の語順がSOVに固定された。しかし、後期ではSVOとSOVの併用が許可され後の三代目以降の自由語順主義に影響した。多くの接続詞と共に接尾辞が作られ無標だったコピュラ動詞はesで表されるようになった。しかし、このesも時制の助動詞が出てきたときのみに使われる限定的な動詞だった。これら特殊な使われ方をする単語を形式品詞とよび二代目では形式動詞(es)、形式代名詞(ei)、形式名詞(eo)、形式接続詞(elx)、形式形容詞(lex)が作られた。この中でのeo、elx、lexは二代目の特徴でもある高度な助動詞修飾範囲操作を可能にした。これらの単語は後に三代目にlexとして一つに纏まることになる。またこの代では級の構造が出来た。中期よりlexを誤用でelxとして使い始める。そのまま定着しlexが助動詞範囲指定詞となる。二代目では音韻が一代目から大幅に変更され三代目の音韻の基礎を作り上げた。資料では独音字大編成と読んでいたことが分かった。

三代目

二代目から脱出し大改革を遂げた。lexの用法が大きく変わりeoを取り込みeo lex(助動詞無効)、la lex(前文引用)、lex+V(動詞連体形)となった。これは、elxの誤用によりeo lexにlexのもともとの意味の変化でla lex、lex+Vに変化したものである。laやeoなど名詞の意味を変化させるような前置詞が多く作られた。主文の語順は修飾語順まで自由であるが関係節の分はSOVに固定される。口語と文語を制定した。

四代目

リパライン語の引き継いできた伝統を無視し単語のみ一代目から流用している言語である。名詞の格の屈折が七つ、動詞の屈折が七つ、形容詞の活用が四つありその曲用形式は全てで100を超える。