FANDOM


この記事で言及する範囲には地図が未描画の領域または詳細な設定がまだされていない未確定部分があり、一部の情報については空欄または伏字になっています。

ユエスレオネ・ユエスレオネ社会主義人民シェユ連邦
理:Yuesdera'd Fantasa'd Iuesleone 有:tiromsnaara fo gedon fo tiromsath

Yecleone
(国旗)

[[|px|]]

公用語 リパライン語、アイル語、ユーゴック語など
首都 中央フェーユ
最大都市 中央フェーユ
政府 連邦制
面積 ?km2
人口 5億以上人
人口密度 ? 人/km2
GDP ?レッジュ/連邦労働点数
建国 phil.eft.2003.12.8
通貨 レッジュ/連邦労働点数
国際電話番号 不明

ユエスレオネ・ユエスレオネ社会主義人民シェユ連邦(-しゃかいしゅぎじんみん-れんぽう,理:Yuesdera'd Fantasa'd Iuesleone)通称ユエスレオネ連邦とはリパライン語の話される架空世界として設定されている架空国家の一つである。

概要編集

ユエスレオネ連邦」は、実在しない架空の国家です。

空中に浮かぶ巨大空中要塞を居住区とするユエスレオネを中心にスキ語世界に一定の領土を持つ、また国交を持つ、ユエスレオネ法上、東諸島共和国連邦各国、スキ・カラムディア社会主義共和国、ハタ王国などの大使館も領土、主権の及ぶ範囲としている。これらに社会票(社会主義労働スクラムへの所属と労働点数の管理委任のための申請書類と戸籍をあわせたもの)を持っているものを国民とするために国民の数は正確には不明である。

国旗編集

四星三蒼旗と呼ばれる。 初期では三つのシェユの平和を表していたが連邦建国時に三つの蒼、星は共にユエスレオネの象徴と栄光を現していることになった。ここから転じてユエスレオネの素晴らしさをゼルコズィストと呼ぶようになった。蒼はユエスレオネ社会主義も表しておりクワク共産主義とは一線を画していることを表現しているとされる。旗の形、配置は厳格に決められておらず「基本旗の三色と星を表す記号を三つ使うことで国旗、国章として承認する」とされている。このために丸型に三色の蒼帯を書きその上に星を一つだけ書いたユエスレオネ軍国籍マークは国旗ではない。

気候編集

年間の日中平均気温は13~29℃で年較差は1~2℃。降水量は年間降雨量1500mm前後、月平均でも100mmである。季節は雨季と乾季に分かれる。どちらの季節でも不定期にスコールが発生する。雨季でも一日中雨が降り続くことはない。

言語編集

リパライン語が主に使われる、官公庁からの発表などの公文書はユナ・リパライン語、レシェール・リパライン語、ユーゴック語、アイル語、ヴェフィス語の五ヶ国語で発布される。ユナ・リパライン語は五つの主要な方言がある。

歴史編集

以下、ピリフィアー暦で表記する。

2003年

ユエスレオネ連邦、ルート主権保安連合の成立

デュイン戦争

デュインへのxelken(原理主義者)の移住権利取得を許可

東諸島共和国連合の発見

2004年

デュイン総合府設立 ユエスレオネ連邦・デュイン総合府合同選挙

2006年

ユエスレオネ連邦、デュイン総合府、ハタ王国、スキ世界・カラムディア領の合同不可侵条約(サニス第二条約)

2007年

アル・クワク シェユの旧式発電機の解体作業が完了。 全電源はWP発電になった。 デュインへのxelken.valtoalの移住権利取得を許可

2008年

xelken.alesの成立

2010年

デュイン・アレス独立戦争

サニス条約機構(連邦影響圏相互防衛条約機構)の設立

連邦情報特務庁の設立

デュイン・アレス独立戦争は連邦を中心に大規模に起こった戦争であり、テロ組織Xelken.alesの領土拡大と独立を阻止するための戦争である。この戦争で連邦はデュインを領土として取り込んだ。

政治編集

一院民主制である議会の主な政党は人民議会党、ラネーメ民族党原理派(RFM)、ラネーメ民族党ファルサン派(RFF)、ラネーメ民族党ダトレプダット・ジャグーメルシ派(RF-D/J)、平和シェルケン党、革命的シェルケン同盟(XXM)などである。

Xelkenの分派であるXelken.valtoalによるテロが激しいが平和シェルケン党にXelken.valtoalは関係していない、ラネーメ民族党は旧ラネーメ(ユエスレオネに移行するまえ地上の旧国家の一つ)のラネーメ民族党が元になっているが各地で分離し発達したものを社会主義革命後に集合させたものである。

外交関係編集

ハタ王国編集

Phil.2003に国交樹立する。連邦が建国する以来から、行き来はあったものの公式の国交は連邦が建国してからとなった。デュイン戦争では、協力してハフリスンターリブとXelkenを撃退し、サニス条約を締約。連邦影響圏の国家となった。連邦はハタ王国に対して民主化や社会主義政策の指導を行ったが、未だ専制主義であるスステ政治主義の存在が残っており、その再来については反対している。

スキ・カラムディア社会主義人民共和国編集

Phil.2003に王国と同じく国交樹立する。ハタ王国の人種であるユーゲ人による国家であるが、デュインや王国への帰属を恐れた連邦はその年から内政干渉し、スキ・カラムディア社会党による社会主義国家に指導した。ハタ王国含む王国影響圏各国は連邦の衛星国であることを指摘しているが、連邦はこれを否定している。ハタ王国を何故か敵国としているの連邦の影響ではない。

東諸島共和国連合編集

Phil.2003に国交樹立する。連邦加入という話もあったが、先方に否定されており、連邦と他国の戦争などには介入しない中立姿勢を国交樹立以来保っている。サニス条約にも加盟していないために連邦の影響は余りなく、国交も少ない。

ラネーメ国 編集

Phil.2011に連邦が国家承認したラネーメ人国家であり、サニス条約の即時加盟と共に国交を樹立する。ラネーメ民族国家であるが比較的穏やかな国家であり、連邦との国交も良好な国家であるが、連邦は国内のラネーメ民族主義過激派に恐れを抱いているとされる。

ペーセ国編集

Phil.2011にレタジャハルによって協力関係を結び、レタジャハル紛争後にサニス条約に締約したため国交樹立した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。