FANDOM


この記事ではドラえもんに関する話、およびドラえもんの中の架空の地名・人物・団体等についての情報が記されています。現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

ゆめの町 ノビタランド(ゆめのまちノビタランド、あるいは単にノビタランドとも)は、のび太ポラロイドインスタントミニチュア製造カメラを使って作った模型(ミニチュア)の街。

概要編集

のび太が大人に干渉されず自由に遊べる街を作るため、野比家の庭の一部に模型を並べ、そこを「ノビタランド」と名付けた。級友たちとともにガリバートンネルで小さくなってこの街で楽しんでいたものの、突然のび太のママが現れて模型をあたかも怪獣のように片付けてしまったため、ノビタランドは終了した。

跡地には現在、物置と花壇が置かれている。[1]

その他編集

  • この作品は2度アニメ化されている。
  • 1回目はテレビ朝日版のドラえもんの初回放送であるが、名前不明の登場人物がいる。(背が高く、帽子を被っている)[2][3]
  • 2回目の放送は声優陣が交代したのちに放送されたが、ジャイアンが途中からノビタランドに参加するという点が、1度目のアニメと異なる。[4]
  • ドラえもんの都市伝説「タレント」は「ノビタランド」の見間違いだという説もある。

脚注編集

  1. 3巻「ゆめの町ノビタランド」
  2. 1979年4月2日放送「ゆめの町 ノビタランド」
  3. 2010年2月27日放送「Sma Station」
  4. 2006年4月28日放送「よみがえった幻のストーリー ゆめの町、ノビタランド」

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki