FANDOM


トンネルの向こう(トンネルのむこう)とは、「千と千尋の神隠し」において、油屋などを含む「不思議の世界」のこと。油屋世界とも。

現実世界から見ればパラレルワールド(平行世界)と考えられる。

概要編集

映画を見ても分かるように、現実世界とトンネルの向こうでは時間の経過する速度が異なる。千尋はトンネルの向こうで3日間ほど過ごしたが、そのあと現実世界へ戻ってきてもほとんど時間は経過していなかった。従って、トンネルの向こうでは現実世界の24倍以上の速さで時間が経過しているものと見られる。

地域編集

海原電鉄という鉄道が通っているが、現在は一方通行運転しかしていない。

油屋周辺編集

油屋は高台の上にあり、海原電鉄は油屋の直下を通る。辺りには食べ物屋しかない商店街や、夜になると現れる川には船が運航しているが、いずれも油屋に来た八百万の神のためとされている。

沼原周辺編集

ほとんど何もない平原が広がり、ときたま欧州風の民家が見られる。

沼の底周辺編集

油屋から6番目の駅がある。

考察編集

関連項目編集

Stubico この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください
画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki