FANDOM


ジャイアンリサイタル(Gian Recital)は、ジャイアンこと剛田武によって開かれるリサイタルの総称。「ジャイアンコンサート」と呼ばれる場合もある。

概要編集

通常は空き地で開かれ、土管に乗って歌う場合が多い。街の掲示板に宣伝ポスターが貼られることが多く、時には「来ないやつは殴る」といった脅し文句が書かれている場合がある。

漫画で最初のジャイアンリサイタルは、「みわくのリサイタル」[1]

歌によって窓ガラスが割れたり、鳥などの動物が落下する場合もある。近隣の住民もおそらく被害を受けているものと思われるが、開催途中に強制終了された場面は描かれていない。なお、夜中にジャイアンの歌が聞こえてきたときには、近所の人々が抗議に行ったことがある(ジャイアン大いに歌う事件)。[2]また、開催が未遂で終わった場合もある。[3]

CDデビュー編集

ノビタレコードによって「乙女の愛の夢」のCDが発売された。

慣用句編集

  • ジャイアンの歌という言い方は、ひどい歌の代名詞となっている。
  • ジャイアンの歌を聴かせたいという慣用句は「ひどく嫌いな有名人」という意味でも使われる。[4]

脚注編集

  1. 8巻「キャンデーなめて歌手になろう」
  2. 10巻「おそだアメ」
  3. 18巻「スパイ衛星でさぐれ」、39巻「ジャストホンネ」
  4. ジャイアンの歌を聴かせたい有名人

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki