FANDOM


エルコスとは、ストーン博士2100年に開発した教育型ロボット CPΣ・081・1型ESPアンドロイドエスパーロボット/エルリックコスモス の通称名。

概要編集

教育目的で作られた女性型ロボット。超能力を使うことができるとされているが、詳しい実態は不明である。

動力編集

FZI(バイオ燃料)により、240時間連続で稼働できる。FZIは同じ体積で比較するとガソリンの4倍の化学エネルギーを持ち、穏やかに燃焼することで長時間、ロボットの稼働を維持できる。

問題点編集

独自研究によると、FZIは非常に不安定で反応性に富む化学物質なので、さまざまな物質がFZIを変性させるための触媒として働くと考えられている[1]。変性により生じた物質は非常に危険で、短時間に爆発的に燃焼する。そのため、FZIに他の物質がわずかでも混入すれば、エルコスが発火・爆発・蒸発などして火災等の危険性がある。

FZIの保存には、触媒として働かないテフロンなどを使わなければならない。

事故編集

上記の注意点を守らなかった故に、エルコスが「蒸発」するという事故が発生している。特に有名なものは、ユートピア学園で発生したウォッカ混入事件である。この事故では、幸運なことにロボットが蒸発するだけで済み、火災には至らなかったが、このロボットの明らかな欠点であることは間違いないであろう。

なお、このような事故が発生したことが今後のロボット開発における教訓となっているかは一切不明である

報道編集

推測するしかないが、優秀な教育ロボットに致命的な問題点があったことは未来世界でも報道されたに違いない。

なお、この事件をベースとしたミュージカルは劇団四季により「エルコスの祈り」として公演されたことがある。21世紀に

関連項目編集

文献編集

  1. [1]

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki