FANDOM


たぬき Wiki で自分の創作物に関して書くときは、この方針に従ってください。

はじめに

たぬき Wiki は、空想世界のことを書くウィキですが、「嘘やジョークを書くウィキ」ではありません。

創作「作品」としてこの世に存在する事象でなければ、書くことはできません。たとえ架空の土地を描いた地図でも、その「土地」は実在しなくても、「地図」は実在しますね。架空言語や架空鉄道の場合でも、それらの設定をまとめた資料が実在するかと思います。このように、どのような形であれ、「作品」がこの世に存在することは、たぬき Wiki に記事を書くための必要条件です。

「設定」があなたの脳内にしか存在しないなら、まず先に地図や設定を書いた資料を作ってください。たぬき Wiki に記事を書くのは、それからでも遅くはありません。

たぬき Wiki の目的は、「有機的に整理された架空世界の情報源を目指す百科事典」であって、「他人を笑わせるジョークやユーモアを書くための場所」ではありません。

創作「作品」としてさえこの世に存在しない事物の記事を書いた場合、削除対象となり得ます。

自分の創作物に関して書くときの原則

第1の原則「完全架空原則」

たぬき Wiki には、完全架空の原則があります。個人創作の作品については、原則として完全架空の世界観を持つもののみ記事を作成できるものとします。

完全架空とは、「現実を改変することにより作った架空」ではなく、「ゼロから完全に作った架空」という意味です。従って、原則として地球上の架空国家の記事を書くことはできません

第2の原則「公開の原則」

もう1つの条件として、その創作物を公開し、他の人もその創作物について知ることができるようにする必要があります。

公開の手段については問いませんが、原則的にはホームページで公開してください(「誰でも見られるようにせよ」という意味なので、もしあなたが本を「出版」することができるのなら、それでも構いません)。

ただし、この原則は「ホームページに書いたこと以上のことをこのWikiに書いてはいけない」ことを意味するものではありません。あなたの脳内だけでなく、「資料」がものとして実在するなら、ホームページに書いたことよりも詳しい内容を書いても問題ありません。

なお、「順番」は逆でもかまいません。このWikiに記事を作った後から自分のホームページを作るのであれば、違反でありません。ただし、いつまで待ってもホームページが作られない場合は、記事が削除される場合があります。

上記の原則の適用されない場合について

例えば「ドラえもん」のように、一般に広く知られた漫画など、個人的以外の創作については完全架空でなくてもOKです。

また、自分の創作物であっても、作品以外(例えば自分のホームページ)に関する記事の場合は問題ありません。

注:自分のホームページについて書くというのは、自分のホームページはこういうサイトであると説明することであって、たぬき Wikiの中に自分のサイトを作成するという意味ではありません。これはしてはいけません。

自分の架空鉄道・架空地図について書く場合は

完全架空の世界観を持つものであれば、ウィキペディアと同じような様式の記事を書くことができます。

架空鉄道なら駅の記事や路線の記事、架空地図なら都道府県・市区町村・道路などの記事を書くことができます。

記法は、以下をご覧ください。

名称が重複している場合の優先規則

原則として、重複名称は括弧付き記事により処理しますが、下記に該当する場合は平等な曖昧さ回避とはせず、代表的なトピックを中心とする曖昧さ回避にします。

  • 架空都市・架空鉄道で、地図(正縮尺に限る)がある場合 vs ない場合 → 前者を代表的なトピックとし、後者のみを括弧付き記事にします。
  • 架空都市・架空鉄道で、国名(または県名)が設定されている場合 vs ない場合 → 前者を代表的なトピックとし、後者のみを括弧付き記事にします。

自分の創作した架空言語についての記事

言語の内容について概説する記事を作ることができます。

しかし、たぬき Wiki は空想世界のことを書くウィキですので、アルカエルフ語のように架空世界で使われる言語について書くことはできても、エスペラントのように現実世界で国際共用語として使うことを目的として作られた言語についての記事を書くことはできません。

ただし、現実世界使われている人工言語でも、「架空世界で使われている、作品としての設定」を持つものなら、記事を書くことができます。

記法は、以下をご覧ください。

自分のホームページについての記事

具体的に、どのようなコーナーがあるのかを説明するようにしましょう。記事は「解説」であって、「宣伝」ではありませんから、「○○のホームページに来てください」という記事を作ってはいけません。

注:自分のホームページについて書くというのは、自分のホームページはこういうサイトであると説明することであって、たぬき Wikiの中に自分のサイトを作成するという意味ではありません。これはしてはいけません。

関連項目