FANDOM


タヌキペディアの移転に伴い、この記事はこちらに移動しました

ころりん山遊園地(Miraheze Tanukipediaの記事)

自動的には移動しませんので、上記のリンクをクリックして移動してください。


この記事で言及する範囲には地図が未描画の領域または詳細な設定がまだされていない未確定部分があり、一部の情報については空欄または伏字になっています。

この記事で言及する内容は、今後予定されている「描き直し」に伴う設定変更により、情報の一部または全部が変化する可能性があります。

ころりん山遊園地(―やまゆうえんち)、通称ころりん山(―やま)は、小学生時代のMACHO筋トレによって考案された架空の遊園地。

概要

2000年の発表当初は、ころりん山のおおよその様子とその周辺だけが表現されただけで、ころりん山がどこにあるのか、などの情報は全く明らかにされなかった。明らかにされていたのは以下の情報である。

  • ころりん山への行き方
片側2車線の2000山トンネルを通り抜けた先の突き当たりを右折する。再び、片側2車線の道路を進む。その先の交差点を右折する。その先の道を数百m進み、「ころりん山℗入口」の看板が見えてきたらまた右折する。そこがころりん山の駐車場の入口である。
  • (注)
    • 当然ながら「ころりん山℗入口」は「ころりん山駐車場入口」のことである。
    • ころりん山を貫く「2000山トンネル」は、緩やかにカーブしており、進行方向が90°変わる。
    • もう一本、片側1車線の「ころりんトンネル」というトンネルも貫いている。
    • ころりんトンネルは、上記の順番でころりん山に向かうとき、2000山トンネルに入る向きを前とすると、その右手にある。

2001年以降は「ソリン公式ゲーム」や「タヌキランド」が発表されたが、ころりん山への言及は減少していった。

ころりん山のモデル

長崎県にある「あぐりの丘」や「山茶花高原ピクニックパーク」などがモデルと推測される。

想像地図との関係

ころりん山は忘れ去られたかに思われた。しかし、想像地図の中の鉄道路線(2004年に描画された領域)には、茶柱南ころりん山駅という駅も存在していた。しかし、この駅については、存在が発表されてからすぐに「若葉駅に改称した」と発表され、想像地図の中から「ころりん山」の文字は消えた。

その後もしばらくの間、「ころりん山」の文字は想像地図中には見られなかった。

しかし、2010年2月頃になって、「ころりん山遊園地は想像地図世界の中に存在する」という設定が発表された。

2011年になってから、ころりん山は岸下県にある、という設定が発表された。

関連項目

外部リンク