FANDOM


いつもの空き地
情報
開館 1970年
収容人員 50?人
用途 ライブハウス
所在地 〒176-****
東京都練馬区月見台すすきヶ原3-10-*
電話番号 03-****-****
アクセス 野比家より徒歩約2分


いつもの空き地(いつものあきち)は東京都練馬区月見台すすきが原にある、ライブハウス野球場駐車場である。別名、土管のある空き地

概要 編集

ジャイアンリサイタルを行う会場として、1970年代に独断でオープン。ガラスを割ると毎度弁償料金を請求しながらも引っ越す気配がない神成さんの家と密接しており、又、野比家骨川家からも至近距離にある。剛田武が不在の時は、比較的人が少なくのんびりできる。

ジャイアンリサイタル 編集

ジャイアンリサイタルは、不定期で開催される。基本的には剛田武一人によって行われ、1回のライブで2~3時間連続で行われる。付近の住民は、リサイタル中に必ず発生する低周波音が、東京都地下に存在する活断層の運動を引き起こすのではないかと、非常にスリリングな体験を味わう事が出来る。

剛田武は、例外を除いて会場に常時セットされている3つの土管の上に立ち、自身の作詞作曲した歌を熱唱する。曲目の中には、他歌手の楽曲のカバーも存在し、その中でも「ボクノート」や、天地真理の歌声[1]を披露した時には、全客席がスタンディングオベーションという、かつてない異例となった。

おそだアメを使って歌ったときは、歌声が数時間遅れた真夜中に聞こえてきたため、町中を巻き込む騒動になった。[2]

野球の練習 編集

野球練習場としての役割も大きい。ジャイアンズの試合直前は特訓が当地において行われる。しばしば暴投やホームランなどにより、隣接する神成さんの家の窓ガラスが割れる。材質変換機でガラスを鉄板に入れ替えるなどの対策を行ったこともある[3]

空港建設 編集

のび太航空が設立されたときには、小型の空港[4]が作られたこともあるが、すぐに撤去されたものと見られる。なお、この空港の名称は明らかではないが、一部では神成国際空港と呼ばれたことがある。

駐車場として 編集

交通アクセス 編集

領有に関して 編集

現在は日本国東京都練馬区に属しているが、過去にはのび太国の領土の一部となったこともある[5]

脚注 編集

  1. 8巻「キャンデーなめて歌手になろう」
  2. 10巻「おそだアメ」
  3. 25巻「材質変換機」
  4. 28巻「のび太航空」
  5. 40巻「おこのみ建国用品いろいろ」

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki